ayumi

七廻り峠 滋賀県

西側ルートを登りました。
距離か短めなので、さほど難易度は高くないと思います。
但し、中盤から後半にかけて、斜度10%前後の坂が数キロ続くので、程好いキツさがあります。
見晴らしが良い所はありませんが、ロングライドコースの途中に挟むスパイスとして良い峠なんじゃないでしょうか。
尚、車がほとんど通らない道なのか、轍以外が苔むした所もあり、ダウンヒルには要注意です。

恐山 青森県

下北半島はのどかな自然、牧歌的な風景も勿論あるのですが何となく「現実感の無い」風景が多い土地です。

風に吹き散らされた尻屋崎の草原と林、海岸の一角に巨岩ひしめく仏ヶ浦、そして恐山はその筆頭。
目印となる門をくぐってヒルクライムを終えると、今度は急勾配の下りで宇曽利山湖へと高速ダウンヒル。
カルデラ湖に漂う硫黄の臭気に五感が包まれる体験は自転車ならではのもの。

境内では自然がつくる異様な景色と人間が造った歴史や建築が不思議なほど調和していて、不気味というより居心地の良さすら感じます。

帰りは先程下った20%クラスの坂が待っています。頑張りましょう。

国家試験勉強の息抜きに1ヵ月ぶりの自転車!
平均勾配5%とありますが、本格的な上りにはいると10%ありますのでご注意を!

浄土平 福島県

輪行で、福島駅→高湯温泉→浄土平のピストン、片道31㎞。高湯温泉には、旅館や日帰り入浴施設あり。距離的にもほぼ中間地点、補給はここで済ませました。ここから先は、自販機等一切なし。コースは、駅から最初の5㎞はフラット、次の10㎞、高湯温泉迄は登り、カーブは多くないが、無散水消雪施設が敷いてある二箇所がヤマ。高湯温泉を過ぎると、カーブの連続が10㎞。感覚的には、カーブの斜度がきつめ、直線は斜度が緩くなるイメージ。ほぼ登りきった残り5㎞は森林限界を進みます。最後のカーブを曲がると浄土平が視界に飛び込んできます。皆さん書かれている通り絶景です。

乗鞍 長野県

10月1日に乗鞍へ行ってきました。今年は紅葉が遅いですが、この日は丁度見頃でした!
位ヶ原より上ではかなり進んでいるので、今週末が最終アタックでは無いでしょうか?

赤城山 群馬県

赤城ヒルクライム行って来ました😆
大会だけ走るの勿体無いので、
今年、試走15回しちゃいました🚴‍♀️
20km以上徐々にずっと登り続ける坂😓
どうにかタイムを縮めるため
色々やってみたが、貧脚な私は
残り1kmまで頑張らないのが一番
良かったです💦
レースは沿道の方の暖かい応援もあり
いつもより速くゴール出来ました!
また、帰りに頂いたナメコの味噌汁は
とても美味く体に染みました😊
来年も参加したい大会です!
また、時間を縮める為と言い訳をいい
違う坂にトレーニング行かないと😆
あー 忙しいかー忙しいかー🤣🤣🤣

亀老山 愛媛県

“道のりがキツいほど得られる感動は大きくなる”とはまさにこの事。
この瞬間、女の子になってました。

浄土平 福島県

ようやく行けた。
高湯温泉手間の無散水区間まではまあまあキツイが、温泉地を抜けてしばらく走ると火星のような雰囲気が味わえる。
浄土平に到着して吾妻小富士の登山も楽しめます。

椿の展望台 石川県

能登半島を回っている途中に通りました。

この、ザ・日本海な岩の多い海岸線と、底の抜けるような青空と、眩しい緑の中をヒルクライム。こういう道が大好きなんです、私。最高じゃないですか。
眼前に広がっていた海が、少しずつ遠くなってきて登っていることを実感できます。

坂自体はそんなに長くないので、楽しいという記憶のみで終われます。

椿の展望台をヒルクライムまでの能登半島の海の青さも素晴らしいので、写真置いておきますね。
能登半島、おすすめです。

風張林道 東京都

足付き無しでしたがキツイ!キツ過ぎ!最高心拍更新しました。絶景は見る価値あり!

白馬サイクルフェスタの途中で登りました!
子供も行けるのでなかなか良い峠。
たまに攻めてるバイクが来るので危険w

勝弦峠 長野県

道も広く登りやすいが車が結構通りますー