A2C

鎌北湖から顔振峠ぐらいまでの区間が少し大変。そこから先は細かいアップダウンが続くだけです。白目でペダルを回していればゴールできます。顔振峠の茶屋からは空気が澄んだ日は富士山が観られます。