dragon m-field

定峰峠 埼玉県

秩父側のルートです。
わりとキツイコーナーは少なく、初心者の挑戦にも良いでしょう。
まだ行ったことはありませんが、途中にある寂照院の坂は激坂の気配がします。
ここの麓にジェラテリアhanaがあり、自家製のジェラートやジュースが美味しいです。

倉掛峠 埼玉県

中藤からですと、ただの坂。
原市場からですと、一部コンクリート舗装で子の権現へ行く前のアップみたいなところです。

高山不動尊 埼玉県

モデルルート+グリーンラインまでのルートです。足着き無しで行けましたが、初心者はダメ、ぜったいに!ってところです。
顔振峠の入り口から始まり、八徳の一本桜の入り口を過ぎてからが高山不動尊への道です。
八徳の一本桜の入り口を過ぎてから路面が荒れており、道幅も狭いです。前半からペースをあげると後半はホントに泣きを見ます。
後半はコンクリート舗装でないにもかかわらず、斜度がきついです。そして九折セクションはコーナーのところがコンクリート舗装で、斜度のきつさを物語っております。
常楽院が見えればゴールです。

しかし高山不動尊の真の姿を見たければ、常楽院を通過してそのまま進みなさい。

正丸峠 埼玉県

芦ヶ久保側のルートです。
芦ヶ久保側から山伏峠の途中の左側に入り口があります。
距離も短く斜度もきつくはないので初心者の腕試しに良いかと思います。

正丸峠 埼玉県

正丸側のルートです。
芦ヶ久保側とは一転して、難易度は上がります。このルートを足着き無しで登ればビギナーは卒業ではないでしょうか。
峠の茶屋には味噌おでんがあります。
あと某マンガのモデルにもなった峠でもありますので、スポーツカーやライダーもいます。

鎌北湖~定峰峠ルート
最初の入口の斜度はそれなりにきついですが一本杉峠を過ぎればある程度楽かと思います。
定峰峠~鎌北湖ルート
鎌北湖側から登るよりは難易度が少しアップするような印象でした。

総評
アップダウンの繰り返しですが、埼玉最長の峠ルートかと思います。集団でゆっくり走るのもよいでしょう。
あとここはトレイルランナーやハイカーやライダーの方もおりますので注意してください。
時期によってはマラソンやトレイルランの大会もありますので、イベントの確認もした方がよいでしょう。
顔振峠周辺は特に食事処もありますので補給にうってつけでしょう。私は顔振茶屋のシソジュース、ウメジュースが好きです。シーズン限定ですのでお問い合わせください。

飯盛峠 埼玉県

モデルルート通りに行きました。序盤はそんなにきつくないですが、中盤になると斜度がきつくなります。
この中盤を越えれば、序盤以下位になりますが、距離があるため、地味に体力が削られていきます。足着き無しであれば決して難しい峠ではないかと思います。