fumitaka2018

時坂峠 東京都

ここからの眺め最高です!

箱根 神奈川県

紅葉を見に箱根へ。

箱根に行ってもなかなか富士山がキレイに見えたことはなかなかないが、
今回は大勝利!!
大観山から見事な富士山が!
山頂のほうは紅葉が色づいてきていい感じ

椿ラインを下って登ったが、ここの山頂付近は山も海も両方見えて絶景

箱根旧道のお玉ヶ池は紅葉が池に映り込んで綺麗だった

補給は湯河原の味の大西さんで気が済むまでチャーシューを食らう!

大満足の箱根ライドでした。

大河原峠 長野県

『道の駅ヘルシーテラス佐久南』から峠の西側を登りました。
県道、農道、林道と様々な道が縦横に通っており、ルートのアレンジは自在。
中でも終盤の林道唐沢線は、勾配が緩く、亜高山植物に囲まれた非常に気持ちの良い林道です。帰りは蓼科スカイラインを下りましたが、どちらの道も交通量が極めて少なくとても走り易かったです。
そして峠からの眺めは素晴らしいの一言。『てんきとくらす』など山の天気に詳しいサイトを見て、良く晴れた日に登りたいですね。
『峠のカフェADAMO』は平日は休業してました。営業日は要チェック。

同じ八ヶ岳の麦草峠より10倍楽しい2000m級峠ですよ。

浄土平 福島県

輪行で、福島駅→高湯温泉→浄土平のピストン、片道31㎞。高湯温泉には、旅館や日帰り入浴施設あり。距離的にもほぼ中間地点、補給はここで済ませました。ここから先は、自販機等一切なし。コースは、駅から最初の5㎞はフラット、次の10㎞、高湯温泉迄は登り、カーブは多くないが、無散水消雪施設が敷いてある二箇所がヤマ。高湯温泉を過ぎると、カーブの連続が10㎞。感覚的には、カーブの斜度がきつめ、直線は斜度が緩くなるイメージ。ほぼ登りきった残り5㎞は森林限界を進みます。最後のカーブを曲がると浄土平が視界に飛び込んできます。皆さん書かれている通り絶景です。

乗鞍 長野県

10月1日に乗鞍へ行ってきました。今年は紅葉が遅いですが、この日は丁度見頃でした!
位ヶ原より上ではかなり進んでいるので、今週末が最終アタックでは無いでしょうか?

乗鞍 長野県

畳平の登山指数が一日中Aだったので急遽乗鞍へ。
明け方からスカイライン、エコーラインまとめて往復してみました。
ほおのき平駐車場から朝5時スタート。9月一杯までは平湯峠ゲートがAM3:30から開くそうで、もうちょっと早く来れば良かったかと思いつつ上りましたが、朝日が差して段々と明るくなっていく中を上るのはとても楽しかったです。
明け方のスタート地点の気温は畳平の日中気温くらい低い(この日は5℃〜20℃でした)ので、しっかり寒さ対策してないと辛いかもしれません。
スカイライン側はエコーラインに比べると斜度はややキツめ、ほぼ上りのみで10度前後が延々と続くのでたまに5度くらいになると休憩入った気分になります。
標高が2000メートル辺りからはひたすら絶景が見られ、景色を眺めて走ってたら気がつけば畳平着でした。
高山側も長野側もぷち雲海が見られたので早起きして行った甲斐がありました。
帰りは平湯で温泉に癒されて帰宅しました。

四国カルスト 愛媛県

毎年行こうと思っていた四国カルスト。その度に台風が直撃して中止になっていましたが、数年越しに願いを叶えることができました。
***
【グルメ情報】
絶景で有名な四国カルストですが、道中の補給のなさでも有名です。私は松山からアプローチしたのですが、約50km手前にある久万高原町にあるコンビニが最後の補給所でした。と言っても、道中には自販機ならあるので、水分だけは確保できそうです。四国カルストでもランチは頂けるそうですが、松山からアプローチするならまず間に合いません。久万高原町にある「道の駅 天空の郷さんさん」で地元素材たっぷりのご飯を食べるのがオススメです。
***
【ヒルクライム情報】
松山からは国道33号→国道440号→県道36号となります。
国道33号途中にある三坂峠(標高720m)は途中にある自動車専用道路までは交通量が多いので注意ですが、そこを過ぎれば交通量はほぼゼロ。時折、眼下に道後平野を見下ろすことができますが、展望できる箇所はないです。久万高原で最後の補給をしたら本格的なヒルクライムスタート。
山々の間を抜ける快走路で、隣にはゴロゴロと転がる大きな岩と美しいエメラルドの川を眺めながら進みます。途中、国道440号につながる大きなループでカルストを目指しましょう。ここも快走路ですが県道36号からは打って変わり、路面はガタガタで木々に覆われた狭い道が続きます。車に注意しつつ、山峡走行を楽しみましょう。
高知と県境にあたる地芳峠を過ぎればカルストまであと少し。姫鶴平からは天空の大絶景が広がります。
***
黄昏時の美しさ、夜の満点の星空、夜明け前の冷たい空気感、朝の爽快な牧歌的風景。全部大げさな表現でも足りないくらいの絶景でした。言葉では表現できません。ぜひ体感してきてください!

乗鞍 長野県

急に休みが取れたけど家族は学校や仕事で
ボッチで何しようかなぁ…
って思ってたら、そうだ乗鞍に行こう!
そんな訳で初乗鞍エコーラインでした。
日頃は近所のヤビツは登ってますが、頑張り度合いは同程度でしたが、今日は天気も良かったので絶景度は雲泥の差!
車で片道4時間掛けても来てよかった乗鞍。
ご馳走様でした

乗鞍 長野県

いつかは乗鞍…そんな難しいことは考えず、行ってみると楽しい峠。今がその時です。
何となく上級者が行くイメージがありましたが、そんな事は無かった。
乗鞍観光センターの駐車場から、2716m地点まで、つづら折りの道を絶景眺めながらライド出来ます。
全体的に10%を超えるようなきつめの場所は少なく、アップダウンはほぼ無くひたすらに上る感じです。
交通量もマイカー規制のため非常に少ないので怖い思いをする事は稀。
標高のため気温差が大きいので、往路用にウィンドブレーカーとフルフィンガーのグローブくらいは持っていくと安心。

乗鞍 長野県

「マウンテンサイクリングin乗鞍」で登りました。最高の天気で景色も良かったです!

乗鞍 長野県

前回、前々回と深い霧で全く景色が見えなかったのでリベンジ。

乗鞍観光センターから出発。
夏休み期間のハイシーズンのためか登山客のバス待ち列が200人以上、ローディーもたくさん。
山頂のほうを見ると晴れてそう。今回こそは大勝利か。

連日の疲れもあったため景色を楽しみながらユルユル進んでいく。
サークルの団体で励ましながら登る人たち、楽しそうに登る親子、来週のレースに向けてTTする人たち、ファットバイク、ミニベロ、リカンベントで登る人たちと様々。

乗鞍の中でも好きなポイントは、
三本滝レストハウスを少し超えたスキー場がある開けた区間。
中盤の斜度がキツめの九十九折区間。
言わずもがな2500mを超えた絶景区間。

今回の挑戦は大勝利!!
まさにこれが乗鞍という絶景が広がって登りが全然キツくない。
畳平も最初は霧が出ていたが、ランチのカツカレーを食べたら晴れてきた。
魔王岳に軽く登山して更に絶景を堪能。

悪天候の乗鞍とは全く別物で楽しいライドになりました。
最高の夏休みをありがとう!

雲が近い!
北側から登って振り返った瞬間、先ほどまで林に隠れていた富士山が駿河湾の向こうから姿を現しました。
スカイラインの名前通り空が近くて広い!寒暖差の激しい5月の夏日、吹きさらしの山頂で浴びる風が気持ちよかったです。
今度はもう少し時間をかけて、達磨山の山頂まで歩いてみたいと思います。