FYI1976

吉野山 奈良県

吉野山を越えて大峰山へ。標高1000m超えの風景は格別です。

十三峠 大阪府

京都市から自走して参戦。ヒルクライムする前に体力を消耗したせいか、かなりしんどかった。
引き返して坂を下りてみると、なかなかの斜度だったと実感。次回は輪行で体力を温存させてチャレンジします。

展望エリアの景色も良かったけど、フランシージェファーズカフェのメシも良いご褒美です。

芹生峠 京都府

北側からの挑戦。
花脊に比べて車の通りは少ないが道は狭く落石落葉多し。
この時期、花脊峠から芹生峠に向かう道中は極寒(1℃)でした。

平均勾配は7.8%とそれほどでもないが、緩急のはっきりした面白い坂。(所々12%~14%あり)
道幅が狭いので車同士がすれ違える場所が幾つか点在。心が折れて足をつくにはちょうど良く初心者にも優しい。
山頂の駐車場から見える景色は良く、晴れた日はトレセン越しに琵琶湖が見えます。

持越峠 京都府

雲ヶ畑側からのチャレンジ
『13%』の看板で心が折れそうになる。その後のつづら折りも道が狭く斜度もなかなか。

足をついたらリスタートできないので、覚悟を決めて上りましょう。

将軍塚 京都府

坂は大したことなく展望台からの眺望もイマイチですが、奥にある青蓮院門跡 福徳門から入った将軍塚は寄る価値アリです。

大正池 京都府

裏ルートのスタート地点から少し南に行った茶畑の眺望は良し。
車の往来は少な目。下りは油断すると大正池を通り越してしまうのでご注意が必要。

犬打峠 京都府

裏から登ればさほどキツくない。車の往来は比較的少なくて良いです。
山頂付近にある茶畑は疲れを紛らわしてくれます。
(写真は表ルートから2kmくらい進んだところ)

花背峠 京都府

初回は途中で挫折したけど、二度目でクリア。
ペース配分さえ間違えなければ登れる坂。