ラプやん

竹寺 埼玉県

荒れた舗装と道の狭さからすると子の権現と同等以上に難易度の高い坂です。竹寺への最後200mほどは斜度が増す上にフラットダートですので、ロードバイクですと押して歩いたほうがよいでしょう。

富士山 静岡県

STRAVA : Fuji Azami HC Course : 11km 1117m 10.1%
Category H : PB1:12:52

噂以上の激坂でした。最初のストレート区間が緩斜面に見えるので、調子に乗って登るとあっという間に脚が売り切れた😭。その後少し緩やかにはなるものの、馬返しからの激坂区間は只々苦行😱。残り3kmからは雨も降り出して完全に拷問🥺。
なんとか登頂しましたが、とても人に言えるタイムでは無かった。でも達成感は十分で、また挑戦します。
今回はカーボンホイールでの雨天の下山は怖かったので、友人にアルミホイールを借りて登りました。皆さんも下山は気を付けて下さいね。

伐株山 大分県

わっかりやすい山だな!!
誰がどう見たってその形は「切り株」そのもの。

玖珠町に入るとすぐ目の前に現れる。
「こんな形の山、日本にあるんだ。。。」
西部劇でしか見たことのない、
木の幹をぶった切った形。
メサやビュート。
地理で習った名称がぼんやり思い出される。

形のインパクトに圧倒されていたんだろう
根元まで来てようやく気づいた
意外とデカいぞ。。。
そう思ったときには遅かった。
すぐそこに激坂が待ち構えている。
枯れ枝に砂利もおまけでついてきた。
そんな林道を皆が苦悶しながらも踏んでいく。

やっとの思いで着いた頂上は
他の山頂の光景とずいぶん違っていた。

なだらかな斜面で子供が走り回り
男女がブランコを漕いでいる。

下界から上がる野焼きの火の手は地獄の業火か。
一気に天国へ這いあがってきたような感じがした。

岩木山ヒルクライムの出展はFRAME/RoadQuestと、青森県から「田酒」さんの2ブースのみ。そして、なんと田酒さんは岩木山ヒルクライム特製の精米歩合を、67%、68%、69%と3段階にわけた純米酒を限定販売。4合瓶3本セットで5000円!マストバイです!
呑むのもったいなかったですが、会社のみんなといっちゃいました!旨かったです!
夜は、弘前駅前の「わいわい」さんへ。地元の食材と地酒がいっぱいあって大満足!そして、リーズナブルでしたよ。おすすめ!

六甲 兵庫県

米子から帰宅途中に神戸を通ったのでせっかくだから六甲山の再度山ルートを登ってみた。
300km走っての登頂だったので果たして脚がもつか不安でしたが、250km過ぎたあたりから距離とか時間とかどうでもよくなって感覚がマヒしていたので勢いで登ってしまった。
ちょうど5人組のグループが登りはじめていたので途中まで勝手にご一緒させてもらいました。
程よいペースで合わせやすかったので、一番キツイ前半の再度山は無理なく登れました。
再度公園入口で5人と別れて一人で六甲山頂へ。
斜度は前半と比べて緩いものの距離があるのでじわじわと体力を削られる。
クライマックスのオルゴールミュージアムではさすがに悶絶しそうになりましたが残った脚力を絞り出すようにしてなんとか登りきった。
この1週間ツール・ド・大山に悪魔の左手と立て続けにハードなコースばっかり走ってトドメがこれです。
極限へのチャレンジみたいな濃い1週間でした。

岩木山の余韻が少し落ち着いたところで、最後に語らせて下さい。
弘前のアップルパイのロマンチックさを。
弘前はアップルパイの食べ歩きができるということで、大会前日と当日にアップルパイを食べに行きました。
アップルパイは喫茶店やケーキ屋さん色んなお店で作られてるとのことでしたが、それぞれに形や味が違って何個でも食べられそうでした。

しかし共通するのはりんごの圧倒的な美味しさ。
今回食べた2つともりんごが大きくゴロっと入っていて、じゅわっと口の中に広がるシロップ、甘みと酸味のバランス…思い返しても恍惚としてしまう美味しさでした。
弘前には大正ロマンを感じさせるレトロな建物や本格喫茶も多く、街の雰囲気と合わせて楽しめます。来年は4つくらい食べるつもりで頑張ります!!

梅雨の合間に長野方面に晴れマーク☀️
新幹線に乗って長野駅から407号線を西へ向かって行って来ました。
洞門から見えた北アルプスに感動!上の方は雲がかかってましたが、この絶景が見られて良かったです。
車通りも少なく走り易いです。

西鳳翩山 山口県

西鳳翩山の看板からひたすら登っていく道です。
途中危険な隙間のグレーチングが数か所ありますので要注意です。石ころや落ち葉も多く、路面状況は最悪ですが、九十九折有、激坂有です。後半は15~20%はあるかと思われます。頂上に電波塔があり、そこで記念撮影ができます。
34Tがこの登りでも活躍してくれました。

災害復旧工事のため今年の11月頃まで通行止めになっている区間があります。

九千部山 佐賀県

山頂近くには福岡佐賀の各放送局アンテナが点在する
林道入口から細い道が頂上まで続きます。
路面状況は思っていたよりも悪くなくどちらかと言えば走りやすいくらい。
補給するところは一切無いので麓で済ませておきましょう。
山頂の展望台からは佐賀市内を一望できます。

坂本峠 佐賀県

県境から一気に道幅が狭くなる!
つい先日まで復旧工事をしていて登れていなかった峠。
佐賀側の道幅は福岡側の半分くらいになってしまいます。
近ごろ福岡側にある五ヶ山ダム周辺にはmontbellの施設やキャンプサイトがつくられていてオシャレなカフェも併設されています。
この時期かき氷の誘惑がやべーです。

あいお荘 山口県

あいお荘の看板からすでに坂!距離が短いので坂アタックにピッタリ!登ればあいお荘で食事アリ(食べたことないですが)天然温泉露天風呂アリ(入ったことないですが)宿泊アリ(泊ったことないですが)いつかは利用してみようと思います・・
周辺を散策して仕上げにこの坂を上って宿泊するのもアリかも^^