ラプやん

有間峠 埼玉県

前半の激坂区間がとにかく長くてキツい。最初のうちはマイナスイオンの溢れるロケーションを楽しむ余裕こそあれ、2〜3kmも登ったあたりから全身に癒しの効かない絶対的な苦痛が回ってくる。自分のペースと呼吸の維持だけを考えて1時間くらい坂と格闘した頃、激坂区間を抜けた。そこから先は時おり8%前後の傾斜はあるものの、下りも混ざり脚を休めながら消化することができた。交通規制解除されたばかりのためか、自転車、モーターバイク、四輪車共に交通量が多かった。対向車とすれ違う場合、特に下りは注意が必要。路面も悪路というほどではないが、ところどころ舗装が欠けていたり、砂の乗った箇所があった。補給箇所も麓にしかないので、準備は万全に

生活道路から入った途端、10%前後の斜度のS字の洗礼を浴びる。平地の勢いをすっかり削がれインナーローを引きずり出された頃に連続コーナーが終わり、長い直線とその果てに斜度25%の壁が現れる様は悪夢そのもの。そこを地面に齧りついて越えた先には九十九折が待ち構えており、はるか上に見えるガードレールが念入りに心を折ってくる。住宅街の中にある坂ということで百草園くらいの難易度を想像していたが、こちらの方が遥かにキツかった

倉掛峠 埼玉県

距離は短いものの傾斜がきつく舗装もあまりよくないので、悪天候の際は注意が必要かもしれない。また自分が通った際は車通りもそこそこあった。道幅も狭いのでその点にもご注意を

東峠 埼玉県

小瀬戸側から登頂。傾斜のきつい区間が直線なのが足にもメンタルにも堪える。距離は大したことないので気合いで乗り切ろう

時坂峠 東京都

樋里側の入口の少し先に立ってるシダレザクラがちょうど満開で思わず脚が止まった。ちとせ屋で揚げたての卯の花ドーナツと豆乳にもありつけ、ゆる〜く楽しんでまいりました

やっとニューマシンが完成したのでシェイクダウンがてらお花見。尾根幹というより多摩サイの写真で若干申し訳無い。

早い桜は散り始めていたものの、天気も良く青空と桜の花のコントラストが美しく春を満kそんなことより見てくれよオレの新車のベストショット!!!!!!!!!!!!!!!!

都民の森 東京都

雪に見舞われた先週、周辺の峠は悉くアイスバーンのバリケードが築かれている中、都民の森だけは交通規制もなく登ることができた(ここから風張峠への道は通行止め)帰りは雪解けのウェットコンディションで泥だらけ……家に洗車スペースでもあればなぁ

時坂峠 東京都

序盤の林地帯を抜けると1枚目の写真の景色がドーンと広がってテンションが上がった。斜度もあまりキツくないので良い感じに楽しめる峠だと思う。頂上付近の蕎麦屋は昨年で閉店したとのこと。払沢の滝付近にカフェがいくつかあったのでグルメはそちらで

今川峠 山梨県

最初と最後の勾配がキツく、間の区間は淡々と登れる。道幅が広く舗装もきれいで、交通量も少ないため走りやすい。杉林に囲まれているため景観は望むべくもないが、裏を返せば余計な事に心を奪われず走りに集中できるともいえる。まるで禅寺のような峠で自分の心身と対話してみよう

都民の森 東京都

ひたすら長く、とにかく体力勝負。初めて登るなら水も補給食も十分に用意しよう。勾配はあまりきつくないので淡々と登っていれば踏破できる

子の権現 埼玉県

最後の激坂区間はまさに壁。距離自体は短いので力より技術を身に着けていなした方が楽かもしれない。登るごとに傾斜がキツくなるが勾配が緩む区間も必ずセットなので、そこでどれだけ脚を貯めるかが完走を目指す上では重要。秘境感あふれるスポットで登った先にはありがたさ120%の光景が広がっていること請合い

ヤビツ峠 神奈川県

名古木の交差点からコンクリートドーナツの区間まで傾斜がキツく、その後は緩斜面が延々と続く。距離が長いためペース配分が重要。展望台からの景色は必見