sum_sum_party

柳沢峠 山梨県

「春には桃源郷への道、柳沢峠」
無数の人がひしめく東京都から、西に向かって青梅街道を進むと、道はいつしか大菩薩ラインと名を変え、山の襞を何枚も何枚も越えた先に、やがて人の気配も絶えて、深山幽谷と表現するに足る景色が広がる。
いくら走っても展望は開けない。削られた崖、山の近さ、谷の深さ…初めて自転車で走った時に受けた衝撃が、今でも柳沢峠が好きな理由だと思う。
桃の花を見ながらダウンヒルしたくて、4月になってすぐに柳沢峠を越えた。寒波のせいで、頂上付近の気温は晴天にも関わらず0度。休憩しようと立ち寄ったはまやらわのおかみさんに「こんなに寒いんだから、外でわらび餅を食べようなんてやめなさい」と諭されるくらいに寒い。
残念ながらダウンヒルできる区間の桃はまだ蕾だったけれど、ピーチラインまで降りると5分咲きほどの木が増えてくる。ピンク色の花が青空に映える。来て良かった。

大峠ジャンプ!
山梨県峡東地域の地味強峠。国道20号の真木交差点から登っていく。
真木地区の集落内、そして集落を過ぎてもストレートの急傾斜が続く。
ピークにゲートがあり、松姫バイパス方面には抜けられない。ゲートから振り返ると富士山が。
路面は荒れ気味。交通量もほとんどない。自販機は集落内にもあるが、補給食は20号沿いのコンビニで忘れずに。

仁科峠 静岡県

麓のコンビニから頂上までは22km。
本格的な登り開始からは14km。
10%近い急勾配とほぼ平坦が繰り返すロングヒルクライムコース
県道410号線と合流した最後100mの登りは大パノラマの絶景が広がります

開通初日アタックしてきました。
今年は雪が多目で、なかなかな景色でした。
噴火規制のため、自転車は長野側からしか行けないのでご注意を。

亀老山 愛媛県

諦めないで!
その先には絶景が待ってるから!

亀老山 愛媛県

しまなみ街道を行った時の亀老山周辺の桜です。
桜吹雪がピンクの絨毯になって感動!

時坂峠 東京都

樋里側の入口の少し先に立ってるシダレザクラがちょうど満開で思わず脚が止まった。ちとせ屋で揚げたての卯の花ドーナツと豆乳にもありつけ、ゆる〜く楽しんでまいりました

2019.3.8
この世で最も美しい瞬間に立ち会いました。
西伊豆スカイライン、初めて登ることになったきっかけは2つ。
①このRoadQuestで投稿される写真がめちゃくちゃ綺麗だったこと。
②晴れてたこと(大事!)
そう、晴れてたんです。思わず有給取っちゃいました✌('ω'≡'ω')✌
ずっと行きたいと思っていた西伊豆スカイライン…本当にもう見る写真がいちいち絶景すぎてムカつくくらい…
いや、待て待て夕陽の写真が見当たらないぞ???
富士山をバックに空と海の綺麗な“蒼”ばかりじゃないか!!
ということで陽が沈む時間帯を狙って行ってきました!
ルートとしてよく使われてるのが修善寺方面から登るパターン。だがそれじゃ面白くない、ということで時期的にもぴったりな河津市方面から攻めてみました。
早咲きの河津桜はというと…ジャスト!もしくはちょっと遅いくらいのタイミングでした!
花びらと葉の組み合わせっていいですよね分かります。
そして河津市はワサビが有名らしくて、調べてみると“わさび丼”というのがあるらしく、テレビでも紹介された“わさび園かどや”にて実食!
平日なのに1時間近く待った末のお味は、、、うまい!大正解だ!あんまりツーンとせず、風味を楽しむような上品なお味でした、、
だがそこから西伊豆スカイラインまでが長かった、、距離でいうとおよそ30kmなんだが、まぁ脚を使うこと使うこと。斜度はそんなにないけどやっぱりずーっと坂道が続くと次第にペースも落ちる一方、、
なんとか西伊豆スカイラインにたどり着いた時はちょうど夕暮れ時。詳細は言わずもがな…沈みかけた太陽が愛車をオレンジに染め上げた写真をご覧ください!!
晴天もいいけど、夕陽と自転車の組み合わせが大好きなんです。最も美しい瞬間を、最高な景色とともに…贅沢な時間でした。
※お察しかと思いますが、夕暮れ時に居合わせるということはその“後”が大変なんです…(寒い暗い動物怖い早く帰りたい)

箱根 神奈川県

久しぶりに箱根旧道を登りました。

大きな赤い鳥居のところが最大勾配。
インベタ20%近い感じでした。

その他でもちょこちょこと12%超えます。

そして、七曲カーブは、7回以上コーナーを曲がります。往復で1なのか?って位曲がるので信じちゃだめです。

甘酒の暖簾のお茶屋さんを越えればほぼゴールです。

御茶屋さん、寄ったことないですが、なかなかおすすめとききました。

私は、芦ノ湖まで降りて、箱根関のちかくの畔屋さんというお抹茶を使ったパンケーキをだしてるお店まで行きました。

ふわふわのパンケーキはおすすめですが、サイクルラックなどがなく、駐輪しずらいので人数少な目のときがいいかもしれ

戸田峠 静岡県

海沿いにお店が少ないです。

戸田の三差路にYショップがありましたが、その前まではシーパラダイス?のところにセブンイレブンがあるだけだったと思います。

序盤はあまりきつくないのですが棚田を過ぎるあたりから結構脚にきました。

12%前後はよくみました。

10キロとはいえ、それなりにきつい勾配なので長く感じます。

西伊豆スカイラインの入り口よりすこし手前に景色が広がるところがあり、良かったです。
なお、登りきると道の駅みたいな茶屋もあるのでトイレや自販機があります。

こんにちは。先日西伊豆スカイラインに行ってきました。修善寺から登る予定でしたが、いろいろな方のブログなど見ると、函南からスタートしてる方が多いのでそれを参考に走りました。が!結構ツライ・・・。みんなすごいなぁと思いながら走りました。平日しか走れないのですが、道が空いていて他にロードバイクが一台も居なく、道が貸し切り状態なのは良かったのですが、休憩場所が休みの所が多く補給がなかなかできませんでした。これからの課題です。景色はとても良くて、後ろを振り返ってみたり下を見下ろしたりすると、ここまでよく登ってきたなー、と自分を褒めたくなります。この日は2月中旬でしたが、陽射しが暖かく走りやすかったです。風が強い場所が所々ありましたが、それも忘れさせてくれる景色です。暖かくなったらまた訪れたいです。長文失礼しました。

鹿野山 千葉県

真冬でも気軽に登れる山を求めて、千葉で思わぬ絶景を見る。
宝竜寺ルートからアプローチ。
10%程度の坂は中盤と終盤の2箇所だがどちらも短距離。概ね5〜8%のなだらかな坂を登っていく。
交通量は平日昼の体感で5分に1台程度。

夜半からシトシト降っていた雨も止んだので、日の出の間際に自宅を出発した。
内房は何度か走っているが、少し海から離れるとなだらかな丘陵の登り下りがある。自走だと地味に脚を削られる。

程よいヒルクライムのあと、鹿野山ビューホテルで一服する。ロードクエストの口コミ( https://www.road-quest.bike/posts/18322 )で知ったプリンが美味しい。素晴らしいアメニティで、快く休憩させてもらった。
ピーク近くの神野寺では御朱印ももらえるようだ。
神野寺から900mほど、やや下って九十九谷展望公園へ。一気に視界が開け、南房総の山々が眼下に。
思わず叫びたくなるような景色と開放感。山の連なりが、波立つ大海原のように広がっている。標高の低い山が多い千葉で、こんな風景が見られるなんて!