ピッツァ

とにかくゴミがいっぱい😭 夜中にカップルが捨てていくのでしょうか。
せっかくの景色も台無しです。

正丸峠 埼玉県

今回は今まで通ることがなかった正丸峠へ。
山伏峠を越えて秩父側に下りる途中から正丸峠へ入っていきます。
道が随分悪く路肩は崩れているところも。更にセンターラインはローリング族対策のキャッツアイがあります。
のんびり登っていくとあっという間に到着してしまいました。ん?ちょっとした坂?というあっけなさ。国道299号線側から登ればもう少し楽しめるかもしれません。
峠からの景色は良いですね。ここから旧正丸峠へのトレッキングコースも用意されていますがロードバイクを担ぎながら1キロ以上登るのはキツすぎますのでパスしました。
奥村茶屋は早すぎたのか開いていませんでしたのでそのまま299号線側に下りていきます。
こちら側も道は悪く、落ち葉の堆積が酷いです。
平日のせいか車やロードバイクの通行は皆無で299号線に合流するまで一度もすれ違うことは無かったです。車を避けて通りたい道としてはとても良いですね。
正丸トンネル手前にある看板は歩行者もトンネル内は通らずに峠を越えていくように書かれているので歩行者にはハードモードな峠と言えそうです。

大滝山 徳島県

正面の山の上に家みたいなのがあるけどまさかあそこまで登ったりなんてね。。。
---
ライド中には稀に怖い事が起こったりします。今回がソレでした。
登り始めから10%超、そして遠く霞んで見える民家。
海抜150mくらいから走り出したのがいつしか900m地点になると雲から突き出て見えるアレはもしや剣山???いや、まさか。
うん、見なかったことにしよう。
大滝寺を越えればやっと頂上。。。
休憩所から瀬戸内海の島々が微かに見えると辿り着いた安堵のままに座り込んだ。

乙女峠 静岡県

小田原発で国道1号からクライムオン。
観光バスなど交通量が多いので、走るのには結構気を使います。
19年の台風の影響で国道138号が通行止めだったので、強羅を直登。ちょいちょい結構な激坂があり、ダンシングで登っていきます。
トンネルを越えると富士山ドーン!ただしトンネル出てすぐ、しかも道がカーブしているので視界が悪く、写真撮影の時には注意が必要です。
御殿場から三島に向けてダウンヒルしたら釘踏んでパンク。oh no…
もう一度箱根を登り返す予定を変更して三島から輪行。
ムシャクシャしたので三島駅南口並びの沼津魚がし鮨で奮発したランチを食べました。

正丸峠 埼玉県

2月24日に山伏峠側から正丸峠へ。
この日奥村茶屋は営業していたが正丸丼は13:30の時点で売り切れており、頂いたのは肉うどん。

山伏峠 埼玉県

2月24日は名栗方面から山伏峠へ。
その後は正丸峠へ。

杓子峠 高知県

穏やかな四万十川を跨ぐと酷道が出迎えてくれた
ーーーー
峠入り口にある道の駅で一休み。
ここから20kmは補給できるところが無いらしい
国道439号
四国を東西に貫く長い路線だが随所にある狭隘路で名が知れる。
この峠も正にその区間のひとつ。
橋を越えた後はクルマの影を見ることは無く、木と同化するように立つ標識だけが国道の上にいることを思い出させる。
路面状態は案外良くて斜度も平均的に見れば緩やか。
静かに、淡々と登ることができる峠だった。

赤坂小便小僧 埼玉県

初めて行きました。
越生長沢線(国道61号線)から、あじさい街道に入り、しばらく行くと左側に赤坂小便小僧の標識が見えてきます。
(ヒルクライム)
勾配は、17%〜18%
ほぼ直線なので、キツく感じます。
(ダウンヒル)
最後の写真を見てもらうと分かりますが、赤坂川側に、ガードレールがないので、スピードの出し過ぎに注意してください。
今日は、少し木漏れ日もあったので、良かったです👍

両子山 大分県

登るルートは四方八方から選び放題!!
ーーー
国東半島は根元を突っ切る国道10号線しか走ったことがなかったので来るのは実質初めて。
出発が遅めだったのもあって一周を断念して東側からいざ内陸部へ。
途中にあるダムを越えれば傾斜は緩やかで登りやすい。
道なりにトンネルを潜れば両子寺はすぐに着いてしまいそうだったので旧道っぽい脇道に突入!!
するとカーブの連続する静かで良い感じの山道。
ーーー
紅葉のピークは外れていたからか両子寺は人がまばらでゆっくりと写真を撮ることができた。
ただゆっくりし過ぎたせいで目当ての真玉海岸の夕日にはギリギリ滑り込みセーーフ(;゜゜)
国東とても良いところだったので是非!

万灯呂山 京都府

[山城多賀フルーツライン]と書かれた大きな看板を見つけたら到着です。

小さな橋を越えてスタート。
車1台が通れるぐらいのひっそりとした林道を進んで行くと、途中茶畑などもあり個人的に凄く好みな道です。

分岐がいくつかあるのですが、
[⬅️万灯呂山展望台]
と看板があるので迷うことも無く、ストレスフリーです。

峠の強度としては、そこそこだと思います。
距離も短い割に展望台からの眺めが素晴らしい為、実際の強度以上の達成感があります。
最近自転車を始めて「ちょっとキツい峠に挑戦してみたい!」と思っている方に絶好のポイントだと思います。

そして、登頂し景色を目にした時、峠沼に片足を突っ込む事になるでしょう。

展望台から、田んぼ、木津川、空、家を眺めていると、この町に住む人々の生活が見えてきます。
ノスタルジックな気分になってきた所で、持ってきた挽茶羊羮を食べます。
十分気をつけていたハズなのに、何故か手はベッタベタです。
ついつい長居をしてしまい、そろそろ帰ろうとベッタベタになった左手をグローブに封じ込めたその時

「ヴォンヴォン!!!」

バイクのマフラー音が響き渡ります。

「ヤンキーだ!早く下山しないと狩られる」と悟った僕は早足で展望台を後にします。

ですが、ヤンキーではなく、モトクロス?の方々でした。
オススメの峠です。

大垂水峠 東京都

出張続きで重くなった身体を絞る為に100キロライドしようと計画。安全祈願で先ずは高尾山に行き自転車🚴‍♂️御守り1,200円を購入し早速装着。金色と銀色の2種類ある。気を良くし大垂水峠をヒルクライムしたがあっという間に走破(とは言えかなりの台数のロードレーサーに追い抜かれましたが)。その後相模湖畔でよもぎ大福を補給してR413→R16→町田街道の順で100きろ走破。体重も1キロ減量、心地良い疲労感。

竜ヶ尾山 京都府

霧があったので、あえて登ってみた所…見事な雲海でした。
北側(亀岡IC)は工事で通行止めですが、南側(R46)からは登れます。