kenny martin

笹子峠 山梨県

フルーツラインから甲州街道、大和橋西詰の交差点よりクライムオン。民家エリアを抜けたら林間コースをひたすらにつづら折り…ただ自分の吐息しか聞こえないほどに静まり返った森の中は、時より心地よかったり。途中にヘリポートがあるのも山深い証拠。峠のトンネルは仄暗くて通過を躊躇するレベルでしたが、車のすれ違いも無くマイペースにトライできました。とは言え旧道故に落石や枝も散乱してるためダウンヒルは要注意。大月側は綺麗な看板あり。

風張林道 東京都

林道入間日岩線より風張林道へ突入!上るつもりは無かったんですが…気が付くときのこセンターを通過してましたw
この景色はいつ来ても好きですね…

八甲田と言えば雪壁
だけじゃない!
秋になると峠の頂上までは紅葉のトンネルをくぐる道のり
葉の色は次のカーブを曲がるたびに濃くなっていく
まるで延々続くようなつづら折りがこの時期に限っては終わらないでほしいと思ってしまいます
青森の秋は素晴らしい
(ちなみにリンゴも旬!)

風張林道 東京都

よく、きのこセンター迄がキツイと言われていますが、それ以降も気を緩められないです。ただ、あの絶景は良いですね。途中、アメリカンな基地風なところが有るが、あれは何なんだろう?

時坂峠 東京都

篠さんの記事を見て登りたくなりました!
とにかく景色がいいーーー

ヤビツ峠 神奈川県

宮ヶ瀬経由で土山峠から裏ヤビツ。
裏ヤビツは斜度が緩いのでのんびりポタリング
キャンプ場があるのでソロキャンプも良いかも

高野山 和歌山県

高野山へ登るのは2ルートあり、通常は九度山から国道370号〜国道480号ルートですが、もう一つのルートは花坂から鳴戸谷林道経由で高野山大門前に出ることができます。

国道480号の方が斜度も緩やかですがサンデードライバーや観光バスが多く走りにくいので最近は鳴戸谷林道経由でのぼっています。
鳴戸谷林道は激坂有りで登りごたえはありますが車が少ないのでマイペースで登れます。
和歌山サイクルフェスタのコースはこちらの林道経由です

岩間寺 滋賀県

ずっと平均的に激坂区間なので、3kmとは思えないボリュームがあります。

正丸峠 埼玉県

正丸峠へ昇ったごちそうは正丸どんぶりでしょ!

四尾連湖 山梨県

四尾連湖登ってきました!友達と話しながらのんびり登ったのであまりキツさは感じませんでした。ひたすら長い坂が続きますが斜度はそこまでキツくないと思います。道の途中に自販機などはあまり無いので夏場に登る方は気をつけてください!水明荘のおばちゃんは優しくて、いろいろ食べることも出来ます!ゆるキャンの聖地なのでみなさんも行ってみてください!下りはスピードが出ますのでご注意を!!

入山峠 東京都

少し寒さも和らいできたので登ってきました。車の心配をせずにヒルクライムに集中できます。少しキツかったけど、トンネルあとの景色はスゴかったです。
頂上が数百メートル先にあるのに気づかずに折り返してしまいました笑次回は最後まで登りたいと思います。

風張林道 東京都

個人的に一番好きな峠というか、林道です。

ひっそりとした林の中、激坂を黙々と踏んで回すのが好きな人には静かで景色もよく、最高のシチュエーションではないかと思います。

桧原村の役場から10kmほど走るときのこセンターの黄色い道案内の看板に出会います。ここはまだほんの入り口なのですが、ここからの2.5kmも10%くらいの坂が数か所出てきて案外足を使います。  

ここでがんばりすぎると後々きつくなるので、できるだけゆっくり上ると良いです。ちなみに運が良いと?途中、軒先でイノシシの解体をしている人たちにであうことがあります。必見です(笑)。

1枚目の写真の場所が風張林道の実質的な入口です。ここからまずは1.5kmは平均斜度13%以上の激坂です。多くの人が心折られるかもしれませんが、自動車がほとんど通りませんので蛇行に次ぐ蛇行を繰り返せば、実はそんなに足を削られることはありません。

恥も外聞もすてて上ることのみに特化すれば意外と登れてしまいます。自動車よりもたまに出会うダウンヒルのロードバイクの方が怖いかもです。

きのこセンターから少し先に右に折れる道がありますが、本当はここからが風張林道と呼ばれる道になります。

最初の1.5kmをクリアすれば上ったも同然、という方もいらっしゃいますが、ここからも風張林道は十分きついです。そこら辺の激坂峠を凌駕します。10%なんて当たり前、ときどき15%ほどの坂がちょろちょろと前に立ちはだかります。

ただあえて言うならば、最初の1.5kmで脳内の勾配センサーが馬鹿になっていますので、楽になっている気はします(笑)。

途中絶景を拝んだら、後はもう少しです。左側にガードレール(なぜここだけ?と思う)が出てきて、林の先から奥多摩周遊道路を走る車やバイクの排気音が聞こえてきたらゴール間近です。

※夏前後、雨の多い時期に行くと道に石がごろごろと落ちています。道路を横切るU字溝のふたが、余裕でタイヤ1本分くらいの隙間が空いているところもありますので、あまりダウンヒルはお勧めしません。