ぴくしす

快晴☀️の中、自宅より境川CR→R134→R1にて小田原。途中菜の花にて当店限定の白うさぎと栗どらやきを購入。早川口を左折し早川右折→早川小学校交差点を左折しいよいよスタート。ドーナツ🍩区間の激坂がほとんどで休む箇所がありません。それでも2キロ程登ると頂上のヨロイヅカファームに到着。紅茶味の爽やかなソフトクリーム🍦は疲れた身体に染み渡る旨さです。帰路の下り坂途中にあるみかん🍊畑でみかんを試食し100円分を購入。無農薬とのこと。今日はカロリーも摂取しながらグルメRideとなりました。

御嶽山 長野県

何重にも入り組んだ山を越えた先に、雄大な山容がチラッと見えた時、思わず「うわー!」と声が出た。
緩やかに広がった裾野、地肌がむき出しになった山頂は平坦で、今まで見たことのある長野の山々とは全く印象が違う。
県道473号から分かれて王滝側沿いの県道256号に入る。御岳湖手前の分岐は、大型車の通行規制がある県道256号をそのまま進み、御岳湖の左岸を走った。湖畔沿いのフラットコースで、朝の爽やかな空気を切る感覚が心地良い。ただ景観は、帰りに走った対岸の村道の方が視界が開けていて、行きは右岸を走った方が満足できそうだった。
王滝村の中心部、観光案内所(0km:930m)を過ぎると本格的なヒルクライムが始まる。
スタート直後の急傾斜に身構えるが、そこを過ぎて里宮(0.8km:970m)から3合目(3.5km:1,100m)までは、沢沿いの穏やかな勾配となる。
走りながら目を引くのが、無数の石碑だ。他の山とは明らかに数が異なる。鬱蒼とした森の縁に、「覚明霊神」あるいは「普寛霊神」と銘の入った石碑が、何本もまとまって佇立している。信仰の山、とは聞いていたが、その数が予想以上で圧倒される。
3合目からヘアピンカーブが連続する九十九折区間が始まり、勾配も1段階キツくなる。
水行で身を清めるという清滝(4.5km:1150m)、新滝(5.2km:1,180m)への入り口を横目に、標高1,200m付近の急カーブ(5.8km)を曲がり切ると、御嶽山の全体がくっきり見えた。山頂の東側に少し雲はかかっているものの、まだ天気は持ちそうだ。
御岳高原(8.6km:1,360m)から八海山下(11km:1,500m)までは、カーブが少なく見通しの良い道が続く。勾配はやや緩くなるが、それでもこれから登る先が見える坂道は精神的に辛い。
標高1,600mを越えると視界が開け、中央アルプスの山並み目の前に広がった。
「おわあ…」どこまでも青い空に、真っ白な雲が浮かび、その下に緑の山々が並んでいる。イメージ通りの圧倒的な夏の中にいる!
ここまで標高が高くなると空気もひんやりして、吹き抜ける風が火照った体に心地いい…が、あまり長く立ち止まっていると、汗で濡れたウェアが冷える一方だ。ヒルクライム再開。
道は再び、スキー場(14km:1,700m)の中を右に左にくねりながら伸びる九十九折区間に入った。勾配もまたキツくなる。徐々に広がってきた雲は山頂を覆って、陽射しも遮られるようになってきた。気温が下がっているせいでやや肌寒い。
田ノ原天然自然公園(20km:2,180m)でゴール。広大な駐車場は止まっている車も疎らで、若干寂しい雰囲気が漂っている。
御嶽山が眼前にドンと鎮座していた。重々しい雰囲気を感じるのは、霊峰の持つ神性からか、それとも灰色の雲が山頂を隠しているせいか、噴火に伴う犠牲の記憶があるからだろうか。
観光センターの食堂でカツカレーをがっついていると、白装束の一団が目についた。
「行者さんかな?それにしては、若い人や子供もいるけど…」それが御嶽教の講の人たちだと気づいたのは、カツカレーの最後の一口を食べた後だ。『信仰の山』であると、情報としては知っていたが、こうして今も、遠方から登拝のためにやってくる人たちを実際に目にして、若干の驚きと感動を胸に山を下った。

乗鞍 長野県

聖地にいって参りました。絶景はなかなかです。
畳平は寒かったです。防寒着忘れないように。

乗鞍 長野県

いつかは乗鞍…そんな難しいことは考えず、行ってみると楽しい峠。今がその時です。
何となく上級者が行くイメージがありましたが、そんな事は無かった。
乗鞍観光センターの駐車場から、2716m地点まで、つづら折りの道を絶景眺めながらライド出来ます。
全体的に10%を超えるようなきつめの場所は少なく、アップダウンはほぼ無くひたすらに上る感じです。
交通量もマイカー規制のため非常に少ないので怖い思いをする事は稀。
標高のため気温差が大きいので、往路用にウィンドブレーカーとフルフィンガーのグローブくらいは持っていくと安心。

御嶽山 長野県

乗鞍に登った際に知り合った人に紹介されて登ってきました。
まず1日目は木曽福島駅まで輪行。道中窓の景色を見ていると奈良井駅までは奈良井川を遡上する感じで進んでいたのにトンネルを抜けると木曽川を下る感じに変わっていて飽きないです。併走する国道19号線は2日目に通るので目視で道路状況を確認。路肩狭いところが多そうだなあ。
木曽福島駅で組み立てが終わる頃には小雨が降っていて少々肌寒い。
まずは御岳湖まで目指します。ゆったりとした勾配でウォーミングアップにはちょうど良いです。三岳黒沢の三叉路を左に入り、左側に御岳湖の湖畔を眺めながら進んでいきます。
王滝村の中心部を越えたらいよいよ登り開始です。平均勾配は低めとは聞いていたけど実際は7〜10%の坂が断続的に続きます。息が切れてきたタイミングで緩い坂が現れるので親切設計、足を止めることなく登ることが出来る良い道だなと。
小雨だった天気も、おんたけ2240スキー場から晴れてきます。更に視界が開けて遠くにそびえる木曽山脈を眺めがら楽しめました。
程なくして道路の終点である田の原に到着。それなりに長く、そこそこ大変だった気がするけど登ってみればあっという間。
この日は日曜日にもかかわらず閑散としているのが気になります。
峠付近は風が強く、肌寒いので長居はせず下っていきますが、羽織っても寒い!夏とは思えない。
腹が減ったので途中、百楽庵に寄ります。最初に出てきたトウモロコシの甘さに驚く。おんたけ御膳はメインの蕎麦のうまさも然る事ながら、蒟蒻、味噌をつけたご飯もうまい!
やっぱり長野の飯はうまいなと。
後で聞いた話によると、御嶽山の修行は8月上旬くらいで終わってしまうので今の時期は空いているとのことでした。
補給については木曽福島駅から先は自販機が所々にある程度なので事前に購入しておいたほうが良いです。田の原にも自販機はあります。

大弛峠 山梨県

2年前にダウンヒルした大弛峠の長野側を、「結構ダートヒルクライムの経験も積んだことだし、今なら登れるのでは?」と思って登りました。
後半4kmは、エンデュランスロード+自分の脚力だと、押し歩き8割、乗車2割でした。
楽しく登るためには、最低でもグラベルロード、可能ならMTBで。

装備:
TREK DOMANE 4.3
Shimano 105 11-32T グラベルキングSK(ブロックパターンあり) クリンチャー 700×26C(前後とも)
路面:ダート開始から約6kmまでは比較的締まったダート。本領発揮は後半の4kmで、半端なくガレている。砂がベースなので、タイヤが沈み、進めない。というか乗車すら困難。
勾配:路面状況と同じく、約6km地点までは緩め。6km以降はキツくなり、ピーク手前で再び緩む。
補給:川上村のナナーズ。
交通量:オフロードバイクや四駆など思ったより多い。
携帯電波:圏外の区間もあるが、アンテナ2本程度立っている区間も多い。ピーク付近は圏外。
エスケープ:梓山からJR小海線信濃川上駅までバスあり。

富士山 静岡県

るなっち🌟ほし(twitter:@runaporitan)というアイドルの富士山ワンマンのお見送りのため、雨の中スバルライン5合目まで行ってきました。

道中は雨の為全然景色は楽しめず、ただただ長い孤独との戦いでした。
登ってる途中は寒さに全然気づかなかったのですが、5合目到着して自転車を降りた途端に猛烈な寒さに襲われました。

疲労と寒さで限界状態の中食べたレストハウスの蕎麦は今までで食べた蕎麦の中で一番美味しく感じましたね。

マイカー規制があるのでガンガン飛ばしてくる車もおらず帰りは安全にダウンヒルができました。

4枚目はオタクのTwitterから勝手に拝借したワンマンの写真です。

足柄峠 神奈川県

再び登りました。
今回は片側パワーメータ付きクランクに交換しての挑戦。
相変わらず終盤はキツいですが、垂れずに登りきりました❗️
タイム:45m45s

三石山林道 山梨県

富士川を駿河湾まで降るライドの時、左手の天使山地の中腹に気が伐採されて見晴らしの良さそうな区間が。
そこに走る一本の道を見つけて、webで情報を漁ってもこれといってヒットしない。いざ走ろうと思って標識を確認したら、「町営 三石山林道」とある。なるほど、道理で山梨県の「県営林道」のサイトに載っていないわけだ。
コースプロファイルとしては、
360m→720m→530m→640m→470m→770m→530m→620m→430m→800m→300m
と名も無きピークを6つ越えていく。一つ一つの登りは大したことないが、積み重なるとかなりタフに感じる。
山腹を貫くワインディングロード、見下ろせば富士川の流れと、それに寄り添って築かれた身延の街並みが小さく見える。
人の気配はほぼなく、この空間を独り占めしている、という満足感が高い道。

補給ポイントは皆無、エスケープルートも4本程度しかないので、水分や補給食は十分に準備しておく必要がある。

群馬側には劣るものの長野側にも雪壁が。

開通初日アタックしてきました。
今年は雪が多目で、なかなかな景色でした。
噴火規制のため、自転車は長野側からしか行けないのでご注意を。

都民の森 東京都

標高1000mあたりでは、下が20度でも、上は9度まで冷えてました。
両サイド残雪が多く残り、4月の装備ではちょっとマズイ感じでした。
これから暖かくなりますね(*´ω`*)