PieTako

暑くてあんまり遠出したくないときにも満足感を与えてくれるナイススポット。とおくの峠に思いを馳せがちだったけどもう一度、尾根幹のありがたさを確認した夏の日

枝折峠 新潟県

枝折峠ヒルクライムin魚沼のコースにアタック!小出駅から行くと、約25km1000upでずっと登りw
山々を奥に奥に進んでいくので、景色がかわっていく感じもまたよし。
峠にグルメはないけど、魚沼の米も野菜もうまいものばかり!今は八色スイカ!
そして、この後は十日町に移動。

浄土平 福島県

念願の浄土平。突発的な旅行だったため、シンプルな北ルートを選択。福島駅西口を出発し、県道70号を西に進んで1,600 m登る。とてもシンプル。

道中は単独で登っていると不安になるほど単調な登りが延々続く。標高1,000 m付近のつばくろ谷までは忍耐が必要。途中、飲み物の補給ができるのは高湯温泉のみ。食べ物の補給は山頂でも期待できないため、事前にハンガーノック対策をしておきたい。

つばくろ谷からは徐々に視界が広がりはじめる。浄土平はその風景から渋峠と比較されるが、圧倒的に違うのは麓まで見下ろせる点。福島の街まで見下ろせるその高さに登りながらも足がすくむ。森林限界を超えているため風の吹下しも強く、走行中は身体が何度も強張った。

疲労と緊張、そして山頂の風で身体が冷えてしまったため、あまり長居はできず、吾妻小富士も一周はできなかった。それでも浄土平の素晴らしさを十分に体感した。

【下りに注意】
北ルートの下り車線、標高600m以下からアスファルトに深いひび割れ・陥没箇所あり。できるかぎり徐行を。

大星山 山口県

室津半島スカイライン???
初めて聞いたぞ( ゚□゚)
柳井の町並みを散策したあと上関へ向かう
ロークエに大星山の情報があったので行ってみることにした
登録されているルートとは別の、
半島の真ん中を突っ切る
まるで尾根沿いを走るような道
それが室津半島スカイラインだった
(初っぱなから激坂やんけ。。。)
気づくと海抜0mから300mまで一気に上がっていた
しかし展望は全くなく、緑に囲まれている
音楽を流しながら無心でペダルを回していく
不意に目の前に風車が現れた
何となく空も近くなってきている気がする
(頂上が近いか!?)
展望台の看板に倣い分岐を折れると少し勾配がキツくなった
上の方からゴウンゴウンという風車の音がする
ようやく開けた視界の向こうに瀬戸内海独特の多島美が垣間見えた

灰ヶ峰 広島県

じ『思ったよりも早く駅に着いちゃったので近くの手頃な山に行きましょうか』

いま思えば地獄への招待だったのかもしれない
ロークエで近くの峠を探すと現れたのがこの灰ヶ峰。
『片道10kmくらいですし1時間ちょっとで戻ってこれそうですね』
呉の商店街を抜けて山へと向かっていく

じいふさんによれば標高350mくらいとのことだったけれど目の前に見える山はかなり高く見えた
坂の上まで民家が続く道は神戸や長崎のようだ
。。。
ヘトヘトになってやっと350mまで登ってきた
峠と書かれたバス停がある
【頂上まであと半分あるじゃないですかー】
それもそのはず
頂上はまさかの722m!!!
とりあえず自販機で補給補給
1時間くらいでサクッと登って戻ってきましょうって言ったの誰ですかwww
覚悟を決めてまた登り始める私たち
頂上に着いた途端に脚を攣ったじいふさん
呉の素晴らしい眺望を前に苦悶の表情( ・∇・)
最後までネタを提供していただきありがとうございましたww

陀峯山 広島県

じ『お昼ご飯にはまだ少し早いですね』
す『したら先に登ってしまいましょうか』

二人はまだ知らない。
目指す山の標高がそこそこ高いことに。

登り口から漂うナンダコノミチ感
看板無かったらここで曲がること絶対わからないだろうしなんならスルーしかけた

民家を何軒か過ぎると一気に視界は緑色
枯れ枝もそこら中に落ちてる
人と話しながら登ると一人で登ってるときよりあっという間に終わる現象が起こる
今回もそう
でもなかった
(コイツは意外と登るヤツでないですか???)
しかも僕らが登った側は途中に展望もなく、ただひたすらに林道なわけで。
頂上に着く頃には息を整えるために二人してしばらく駐車場をグルグル...
落ち着いてから展望台に向かう

『木が茂ってあんま良く見えねぇ。。。』
展望台って銘打ってるけど展望良くないあるある💢

頂上の少し手前で見かけた良さげな場所に移動して思った
【こっち展望台にしようや】

そんなこんなで登って下りたら良い具合にお腹空いて美味しいランチを食べれたので⭕

灰ヶ峰 広島県

展望台から一望できる江田島、倉橋島、そして呉。距離はそこそこでも、仲間がいれば濃密な時間を過ごせるし、辛い坂だって登りきれる。しばらく忘れていた当たり前のことを思い出しながら、その日走ってきた道を振り返った。

美ヶ原 長野県

チームの仲間と長野に夏合宿です。安曇野から松本経由で美ヶ原高原ヒルクライムコースを登りました。
最初の3.5キロは知ってはいたがホントに激坂でした。20%を超えるとかなりきました。
美鈴湖からは落ち着くかな?とは大間違いで10キロはハードで久しぶりに?意識が飛びそうになり道脇の倒木がクマに見える幻覚が・・・
最後は絶景を楽しみながらゴールしました。

黒菱ライン 長野県

絶景のオンパレード!空が近い!
自分のスマホアプリ準拠では11km980mアップでした。

道が狭いのに加え、車・マイクロバスの往来が結構ある為ダウンヒル時は要注意です。
終始勾配キツめでかなり難易度が高いヒルクライムスポットだと思いますが、それに見合う絶景!
補給ポイントはありませんが、ゴール地点にあるリフトに乗れば、レストランピラールというお洒落なレストランが有ります。
素晴らしい景色を堪能しながら食事休憩が出来るので、到達したならば是非ここまでリフトで来て欲しいです。

陀峯山 広島県

独りのサイクリングは自由だけれども、誰かと一緒に走った方が発見の数は増える。誘われて小脇の道に入ると、海に向かって突き出した大岩。ビンディングシューズで立つのは度胸がいるが、夏の光を浴びながら穏やかな瀬戸内海を眺めていた。

白崎海岸 和歌山県

海沿いの道を行くと潮風が心地よい。(*´ω`*)
この辺まで来ると海の色もエメラルドグリーンに、斜度は緩めなので初心者にもオススメです。

車坂峠 長野県

激坂は無いけども、常に8%前後で登っている感じです。