六丁峠

六丁峠 京都府

先日登ってきました。
嵐山側からは体験済みだったのですが、保津峡側からは初めてでした。
嵐山側から登り、下った際に
「キッツい坂やな(^o^;)」
という印象があったので、覚悟して登りましたが距離も短いのであっさりクリア出来ました。
下りの方がキツく見える現象でした。

そして最後のヘアピンから眺める保津峡がホント絶景です。

嵐山の観光地からこんなにも近いのに、恐らくずーっと変わっていないのであろう保津峡の風景を眺めると不思議な感じがしました。

この日のライドをブログに書きました(^-^)
詳しくはこちらで(^.^)
https://peasandcarrots.hatenablog.com/entry/2020/03/26/001409

六丁峠 京都府

嵐山の観光地を抜けて、京都らしい町並みの間を進むといきなり出現します。
この峠に入った瞬間の空気が変わる感じが好きです。テンションが上がりました。
クッと登ると頂上ですが保津峡側への下りは注意が必要です。
このまま日吉ダムまで行ったのですが最高の森林浴でした。日吉ダムは土砂崩れで行けませんでしたが…

六丁峠 京都府

紅葉目当てで上りました。コースは短く初心者に最適と思います。
下りは落ち葉が多く、路面もあまりよくありませんでした。
落車注意です。

六丁峠 京都府

短いけど、後半の激坂が刺激的な峠です。。
ここも、つい頑張ってしまって、ヒーヒーになります。。
頂上でバタっと倒れます。。(^^)
下手したら全て出し切ってしまい後のライドに影響が。。

でもつい過去の自分に勝つよう挑戦したくなる峠です。

激坂で車が来ることもありますので
要注意。。

行く前に嵐山のアラビカコーヒーでのんびりするのもオススメ。

六丁峠超えてそのまま下ってゆけば
神明峠に続く気持ちいいライドが楽しめます。

六丁峠 京都府

景色はとても良いです❗
路面は石や小さな岩、また枝などでパンクの恐れもあります❗緩急があって走りごたえがありました❗

六丁峠 京都府

ただの絶景でございます。過去にタイムスリップしたような感覚になる何度でもおかわりしたい峠。

六丁峠 京都府

道中、ワシミミズクが降りてきました!

六丁峠 京都府

京都盆地の西の端にあり、かつて風葬(死者の亡骸を野晒しにして葬る)の地であったため「人の世の無常さを感じられる場所」としてその名がついた化野(あだしの)。
その最も奥、愛宕神社の一之鳥居から左に折れて異界へ続くような暗闇に入って行くとすぐ六丁峠の登りが始まります。

「六丁」の名の通り長さは650mほどと非常に短いですが、緩斜面から入り中程のヘアピンを通過してからが本番で登れば登るほど斜度が急になる追い込み型の登り。最後は20%ほどもある激坂を、切り通しの向こうに見える空に向かって必死にもがきながらフィニッシュです。

距離は短いですが雰囲気の良さは抜群で、神明峠へ向かう脚慣らしとして好適なのはもちろん、ここを登るためだけに来ても良いと思えるほど私は気に入っています。
保津峡、神明峠方面へ向かう際はここからの下りも転げ落ちるような激坂なので、一旦頂上で休んで息を整えてから注意して下ってください。

六丁峠 京都府

嵐山カフェ、アラビカで朝を整えて一気に登る。
短距離で急勾配の為、練習なくいきなり登る為、かなりキツく感じる。登り終わったら、下ってすぐに保津峡の絶景が。

六丁峠 京都府

前半の勾配がなかなか...。

六丁峠 京都府

短いけど平均傾斜がかなりきつい方の峠でした
景色は超絶綺麗でした!

六丁峠 京都府

中々の勾配。景色を眺めて休みながらゆっくりと。