蔵王

蔵王 宮城県

蔵王。
自宅からもそれほど遠くないが今までなかなか行かなかった峠。ロードクエストの分類は宮城県ですが宮城・山形の両方から登ることができます。
今回は月末にあるヒルクライムレースに出るため山形側からの試走で訪れました!
が、あいにくの天気笑。しかし、ギリギリ雨は降らなそうなので登ります!
山形県の上山市内から登り始めましたが距離は約30キロ、勾配はそれほどきつくはなく、私みたいにダラダラとずっと登っていたい登り好きにはオススメです笑。
ずっと登っていられるのは、幸せですね(一緒に行った坂嫌いの妻には長すぎたようですが笑。)。
登り切ると絶景が、、、天気が悪く見れなかったのでまたチャレンジします!
蔵王エコーラインから、さらに登る蔵王ハイラインは自動車専用のため自転車、徒歩では通れませんのでご注意を!登山道もありますがクリート付きの靴では厳しいので頂上で絶景希望の方は歩ける靴などの持参をオススメします!
登り切ったので下り始めると思ったより中腹より上の勾配がきつくスピードがのるような?もしかして前半より後半の方が若干勾配があるの、、、かな?
登ってると少しの差はまひしますからね☆

登り始めてすぐに見つけたソフトクリーム、降ってきたら寒くてどうしようか悩んだけど、、、食べました、少し震えながら笑、でも美味しかったです!

山の下には山形の特産品売り場などもあり暖かい玉こんにゃくなどが楽しめます!

ぜひ、みなさんも一度山形側から蔵王にチャレンジしてください!私も天気のいい日にもう一度登ります!

蔵王 宮城県

宮城県側から蔵王へ。
麓の遠刈田温泉郷で最後の補給を終えたら20kmのヒルクライムの始まり。
蔵王大権現の大きな鳥居をくぐると蔵王エコーライン本番となります。
 
序盤から勾配がきつく、体力を削られていきます
宮城県側は道沿いに滝見台などのスポットがちらほらあるので、休み休み登るにはいいかもしれません。
ほぼ中間地点となるすみかわスノーパークをすぎると視界がひらけ、休憩所も出てくるので気持ち的に楽になります。
トイレや売店があるこまくさ台で自転車を降りて遊歩道を行くと、展望台から見えるすぐそこは断崖絶壁でした。ガスがなかったらどこまで下まで見えていたのだろう・・・
 
山頂へ続く蔵王ハイラインと別れて少し走るとリフト乗り場に到着。
山頂まで行くことができますが、時間的にNG。残念。
仙台スタートでのんびり走っているとなかなか良い時間になってしまいました。
 
山形側に降りましたが、こちらは休憩所補給所が少ないイメージ。
休みながら登るスタイルだと大変だという印象。

蔵王 宮城県

登り始めたら下り、平坦路とはサヨナラ。ひたすら登りの、純粋に登坂力を試されるコース。5月開催の蔵王ヒルクライムの時期には5mにもなる雪壁を拝める。レース以外では観光客、観光バスが多いため走行には注意が必要。下りは。登りの逆で平坦や登りが一切ないため、リムブレーキ車は途中で休憩しながら下りるなが無難。

蔵王 宮城県

2回目の挑戦で何とか登り切ることが出来ました。頂上までの3kmぐらいの風が強すぎて、疲れきった脚で登るにはハード過ぎて歩いて頂上にたどり着くことになってしまいました。次こそは1度も足をつかずに登りきりたい...

蔵王 宮城県

前の週にヒルクライム大会があったと知って、行ってみたくなった蔵王エコーライン。
宮城と山形を跨がる蔵王連峰を宮城県側から御釜まで登ります。
この日は天気も良く絶好のサイクリング日和。
スタートは遠刈田温泉です。
***
大きな鳥居をくぐると、暫くは新緑の木々に囲まれる中を走ります。月初に走ったアスピーテラインとは景色がちょっと違いますね。
この日はだいぶ暑く、吹き出す汗を拭いながら、ぐぬぬ:(っ`ω´c):…と登っていきます。もう少し涼しかったらもっと気持ち良さそうですね。
***
途中、滝見台の看板を見つけ、写真スポット!と休憩を即決(*´-`)
滝は…遠くの方にちらっと。望遠レンズがないと物足りないかもしれません。
それにしても木々が多いからか虫が多いのがちょっと気になります。
スピードあれば振りきれるのかな?
***
途中、蔵王不動尊を通過し、登っていくと九十九折が暫く続きます。そこから峩々温泉との合流ポイント、さらに九十九折を過ぎると徐々に景色が開けてきます。
すみかわスノーパークあたりで、休憩しているローディを発見!( ºωº )
挨拶しつつ、そのまま登り続けると、蔵王寺の看板が視界に入ります。
御朱印のことが書いてある!
「知らなかった…今度来るときは持ってこよう」ということで今日はそのまま通過。
***
駒草平で休憩。
玉こんにゃくの塩分が堪らん(*´ω`*)
展望台で滝見たりしながら、体力回復。
***
いつのまにか虫もいなくなり、景色もよいので気分が上がります(*´-`)
駒草平から大黒天まではすぐだったのでそのまま通過。
ここからも御釜まで行けるみたいだけど、自転車アースロックできるとこはなさそう。
***
そのまま登って暫く行くと左側に駐車している車が沢山見えて、その車が途切れたところに…
ありました!
よく写真で見てた御釜入口の看板!(`・ω・´)
当然、記念撮影。₍₍٩( ・ω・)و⁾⁾
***
ヒルクライムならここから更に蔵王ハイラインを登ってくそうですが、今日はここまで。
徒歩で御釜に向かいましたが、雪解けの登山道はビンディングシューズには厳しく途中で断念。
帰りは、登りにかかった時間が嘘のようにサクッと終わり、ジェラートを食べつつ、汗を流しに温泉に向かいました(*´-`)
***
次挑戦するときは靴持っていって御釜まで行きたいものです。

蔵王 宮城県

春の山形側からのアタック。気軽な気持ちで挑んだものの、25kmで1500m近くの獲得標高になるんですよね。ヤバさしかない。この世の果てまでの25kmでした。

棚田の広がる田園風景から、針葉樹の静かな森、そして山に近づき雪の回廊へ。

25kmの間に変化する景色にただただ「すごいーーー!」と声を上げていました。

しかしこの25kmが長い長い。

1/3地点ではマウンテンファームでソフトクリーム休憩。2/3地点の坊平高原ではお店全て閉まっていたので宿のお母さんが持たせてくれた塩むすびを頬張りました。(この時点ではまだエコーラインには入ってない…)

休憩しまくりながら登り切り、お釜を覗きに行くと、人が踏み入れてはいけないような世界が広がっていました。

ビンディングではかなり辛いので、お釜をしっかり見たい方はスニーカーなど忘れずに。

初心者には辛いコースだと思いますが、山形も宮城もいいところで、平成最後に最高の思い出ができました🙌

蔵王 宮城県

雪の壁を見に蔵王エコーラインを山形側から登りました
平均斜度5%とありますが、絶対もっとありますw
常に私のガーミンは8〜10を指してました
つ、辛い…前に進まない…もう諦めたい…
いや、東京からここまできて引き返すなんて出来ない!というか、今日の宿は宮城側…スティーブが待っている(民泊)
なかなか現れない雪の壁
というか、終わるのか?この登り
耐えて、耐えて登り続けたら、徐々に周りに雪が増えてきた!
山形県から宮城県に入ったらもうあと少しです
やったーーーロープウェイ乗り場が見えたぞー
そしたら雪の壁も現れました
雪の壁は宮城側にあるので皆さま頑張って登って下さいね
ちなみに補給スポットはないので必ず補給は持って行ってください
お釜に向かう車が多いのでそちらも注意です
なお今回のハイライトは一番辛い激坂は蔵王エコーラインに入る前に現れたところです
14%くらいを結構登らされました
蔵王とにかく凄い山なのでアタックされる方は心が折れないように強い気持ちで挑んで下さいね!

蔵王 宮城県

宮城側遠刈田温泉より登坂。紅葉の中を走り抜けると視界が開け、青空とともに独特の色合いの山肌が見えてきます。ちょうど山頂に行った時に霧が濃く御釜は見られませんでしたが、景色も良く走りやすいルートでした。

蔵王 宮城県

2週間分の合宿の荷物15kgを背負っての山形側からのヒルクライムでした。
23.8km 2h41min 8.8km/h

ルートラボなどの情報から平均斜度5.8と出ていたが斜度には開きがあり、ほとんどが4〜8%であった。また5〜5.4km地点には最高14.8%(lezyneによる計測)。そのほかにも10ヶ所程度10%超があった。このようにたまにパンチはくるもののその前後に3〜4%の休憩区間があるために心拍はそこで落ち着かせられる。

季節や日付によるだろうが、今回はつづら折りに沿った風が吹いていたので、向かい風追い風が変わり、苦楽の差が生まれた。

このヒルクライムの楽しみは間違いなく御釜であるが、私が行った時はあいにくの曇天でそれを見ることはできなかった。

総合的には緩急と長さがあり、絶景を持った東北版都民の森といえるかもしれない。

蔵王 宮城県

疲れたあとに見る御釜は絶景の一言

蔵王 宮城県

あんまり訪れている人がいないようですが、晴れていると、すさまじい絶景です。山頂の「お釜」がとにかくスゴい。
----
・走行中に見える景色がいいのは宮城側なので、新幹線「白石蔵王駅」スタートがおすすめ
・斜度は序盤が7〜12%でいちばんきつい
・中盤以降は7〜9%程度
・終盤はフラットに近くなり、疾走できて爽快!
・総じて、渋峠くらいの難易度
・道中のこまくさ平展望台から見える山頂の山々がすばらしい
・蔵王刈田リフトは絶対乗るべき。お釜付近の展望は最高です!
----
駅から多少距離がありますが、道順は簡単。日帰りも十分いけます。晴れの日を狙って、ぜひ。