八甲田山(笠松峠)

奥入瀬側から登坂
霧で視界が悪かったのでいい景色は拝めず
途中、蔦温泉の自販機で補給
大型のバスも通りますので気をつけて
酸ヶ湯温泉のおでん🍢おすすめです

私が好きな峠には3つの要素があります
①歴史的な背景がある
②景色にメリハリがある
③近くに温泉がある(できれば)

GW八甲田山を十和田湖側から反時計回りに登りました
歴史的には八甲田雪中行軍遭難事件と聞けばご存知の方も多いんじゃないでしょうか?
旧日本陸軍が日露戦争に向けてロシアを想定した厳寒地での訓練で多くの死傷者が出ました
そんな厳しい峠を自転車で登ると考えるとテンションが上がります(冬じゃなくてGWですが)

奥入瀬渓流を見ながらブナ林を進んで行きます
途中、紅葉で有名な蔦沼の近くを通りますがとにかく静かです
奥多摩の峠もよく行きますが静かさと山深さが段違いです

青空が見えてきたら、田代平湿原に近づいてきた合図です
田代平に来ると一気にパノラマの絶景が広がります
スキー客もチラホラ居て、異世界に転生した気分になります(1枚目)

さらに進むと八甲田雪中行軍の後藤伍長の銅像がある茶屋がありますが、まだ雪が深くて銅像を見ることはできませんでした

その後斜度が上がり、笠松峠へ向かいます
山頂に近づいたところに有名な秘湯酸ヶ湯温泉があります
泉質は強酸性で疲れた身体に染み渡ります
ヒバ千人風呂は情緒溢れる作りで、レトロな雰囲気が漂います
是非、一度入ってみるのをオススメします

酸ヶ湯温泉から笠松峠山頂は比較近いです
途中のじごく沼を抜けて少し登れば到着で、この日は雪の回廊が残ってました(2枚目)

ダウンヒルは湯ノ台高原側をオススメします
車通りの少ない静かな道を自然を感じながら下っていくと突如広大な牧場が出現します
今まで登っていた八甲田山をキレイに一望できる場所です
牧場以外の人工物はほぼなくノスタルジックに自然を感じることができます(5枚目)

長くなりましたが、私の大好きな八甲田山でした!
青森に来た際には是非登ってみて下さい!

この時期青森県の東側は曇りやら霧やらでなかなか晴れない。
しかし、弘前や青森といった西側はどうやら晴れているような情報がちらほら。
曇り空のなか走り出すのは気が進まないが、騙されたと思って八甲田へ行ってみた。

十和田側からの上りはどんより曇り空、木々に囲まれた山道もかなり鬱蒼としている。気温は高くはないけれどじめじめしていて汗が乾かない、気持ち悪い、暑い、帰りたい・・・
それでも修行僧のごとく登っていると空が明るくなり、、、

八甲田には眼下を見下ろす、といったスポットはあまりないけれど、走ってきた方角には自分より低い位置に雲があることがわかります。そして空は青!
八甲田から西側はバッチリ晴れてました!

峠を超えたら時折青森の街と海を眺めながら快晴ダウンヒル
やっぱり自転車は晴れが一番です

青森の森は青かった。
イベント遠征で八甲田山へ。私は付き添いのため今回は自転車ではなくロープーウエイでの登坂となりましたが、自転車はまたの機会で。

青森の山はとにかく森が深い。そして緑が青い。
霧がすごい。
目下に広がる樹海に、圧倒的な大自然の驚異を感じます。
八甲田山、美しく雄大な山です。
観光スポットがぽつぽうあって補給に困らないのも自転車的にポイントが高いですね。

岩木山ヒルクライムの前日、八甲田山のロープウェイ乗り場で放流され、受付会場まで向かいました。

行きたかったのは城ヵ倉大橋!!
雄大な谷に跨がる橋の美しさにうっとりしてしまいました。
遠くには岩木山も見えて最高にエモい!

橋を渡ってからの下りはめちゃくちゃ気持ち良く、道のすぐ脇を流れる滝や、明るく長い雪用シェルターのトンネルが楽しめました。

道以外にはただただ森が広がるばかりで、車もなく静か。景色を独り占めするような高揚感を味わえます。

国道103号線を登り八甲田ロープウェーから笠松峠まで。酸ヶ湯温泉、地獄沼、標高1040mを少し超えると睡蓮沼と立ち寄りスポット多く満足度高い。
かぶりついてるのは酸ヶ湯温泉旅館の生姜味噌おでん!根曲がり竹、ホタテつみれとはじめての味わい。生姜味噌がいい!
下りで締めの城ヶ倉大橋が絶景ポイント。岩木山が雲海からかおだしてて、また神秘的。

八甲田と言えば雪壁
だけじゃない!
秋になると峠の頂上までは紅葉のトンネルをくぐる道のり
葉の色は次のカーブを曲がるたびに濃くなっていく
まるで延々続くようなつづら折りがこの時期に限っては終わらないでほしいと思ってしまいます
青森の秋は素晴らしい
(ちなみにリンゴも旬!)

GWに行ってきました!
十和田湖側から登り田代平を通り反時計回りで
2枚目の田代平はお気に入りの絶景ポイント。この時期はスキー客もチラホラ
山頂付近は雪の回覧がまだ残っており、天気が良いせいか雪解け水でダウンヒルはビシャビシャに笑
帰りは十和田湖側に下らず、蔦温泉付近の分岐で湯ノ平方面に行ったが車も少なく道路もキレイだし
高原が広がり良い眺めだった

4月1日の開通から出遅れ感のあるものの、今年も八甲田の雪の回廊へ。まだまだ雪残ってます!渋峠には負けない!

八甲田山と言えば雪山で遭難のイメージだが夏は普通に暑い。手付かずの自然が残っていて高原区間はキレイ。車も少なく走りやすいが路面はあまり良くないのでダウンヒルは注意。積雪量で有名な酸ヶ湯には秘湯があるので立ち寄っても良いかも

南部の方に行くときによく通る峠。距離が長く斜度もあるため難易度は割と高めだが城ヶ倉大橋からの眺めや、酸ヶ湯温泉、秋の紅葉など見どころはたくさんあるのでぜひ登って見てほしい。
また黒石側ルートの途中沖揚平のスノーシェルターの手前辺りに幻の県道という林道への入り口もあるのでオンロードだけじゃなくオフロードも楽しめる。

八甲田山は天候が不安定な事が多い。この日も晴れたり曇ったり、雨が滝のように降ったりで愛車の雨対策も大事になる。笠松峠自体は景色はイマイチだが、周辺の酸ヶ湯温泉や田代平はグルメに景色に素晴らしい環境なので是非足を運んでみてほしい。