扇沢

扇沢 長野県

ペダルを一漕ぎするごとに、白く光る後立山連峰が、グングン近づいてくる。「グングン」というのは心理的なスピードで、実際はゼーゼーヒーヒー言いながら、時速10km程度でノロノロ近付くのが精一杯。
勾配は概ね5〜6%、見通しのいい直線の道が雪山に伸びている。
路面のガタガタ具合や無数のスノーシェッドに、ここが豪雪地帯であることを実感する。路面は乾いているが、路肩や左右に迫る山にはまだ雪が残る。沢にはその雪解け水が滔々と流れ込み、登り続ける自分とは真逆に、平野に向かって轟々と駆け下りていた。
大型バスがエンジンを唸らせて右側を追い越す。扇沢は黒部ダム観光の長野側玄関口、富山側から見ればその終点に当たる、電気バスの駅がある。
それにしても暑い。午前中に嶺方峠を登った時( https://www.road-quest.bike/posts/32072 )は曇りで、冬用装備に感謝したくらいだが、今となってはただ暑いだけの邪魔者に成り下がっている。堪らず路肩に立ち止まり、ジャージを脱いでインナー1枚になる。標高1,000mの風はひんやりとして心地いい。
もう一息。扇沢駅に着いたら、絶対ダムカレーを食べよう。
ヒルクライムには、カレーが必要だ。