三瀬峠

三瀬峠 福岡県

福岡市早良区の曲淵水源地から佐賀市三瀬町に抜ける国道263号を通るルート。坂の中腹まで進むと、全長1.87キロ、高低差100メートルの九州最大規模のループ橋が見えて来ます。三瀬町に入るには、このループ橋と有料道路のトンネルを通る新道と、ループ橋脇きの店近くから入る旧道があります(写真1枚目左側、旧道入口)
新道は交通量が多く、トンネル幅も狭い為かなり危険です😱。旧道は新道に比べ距離も長くトンネルの上の山間部を通り湾曲したカーブが連続しますが交通量も少なく安全に通行可能です。峠の頂上が佐賀県との県境にあたります。
ちなみに、有料道路の通行料金は30円です。自転車も通ると看板がありますが2.4キロのトンネルを猛スピードで車やトラックが通り抜ける為、安全の為歩道を押して歩く事を強くお勧めします。