亀石峠

亀石峠 静岡県

骨折して2ヶ月ほど乗れず、今回久しぶりのリハビリライドとなりました。モデルルートでは宇佐美から県道19号線を登っていくルート、しかし国道135号線の交通量の多さに嫌気が差したので手前の網代より林道中野線から亀石峠を目指しました。
網代から県道80号線〜頼朝ラインまでの勾配が15%を超えるところがあり、かなりキツいです。
林道交差点入り口はわかりづらく、目印となる看板を見逃さないようにします。地元民の生活道路になっているようで数分に1台は通過してきます。
勾配は平均9%程度で2ヶ月乗らないだけで全く登れなくなって愕然となりました。すぐに息が上がるのでダメですね・・・。
目の前の坂に格闘して何とか峠っぽいところに到着。何もありません。裏亀石峠みたいなもんでしょうか。標高もこちらの方が40mほど高いので、看板がある亀石峠には下って到着することになります。
林道の景色は特筆することは何もなく周回トレーニングするためのルートとしてはもちろん、ショートカットしたい人向けですね。また車を避けて登って行きたい人にも選択する価値がある道です。

亀石峠 静岡県

網代から市街地を抜け、中野林道から亀石峠を目指すこのルート、約6.8km、平均勾配6.5%のスペックは、モデルルートとなっている宇佐美大仁道路と大差ない。
こちらのルートを選んだのは単に熱海からの距離の問題で、網代から宇佐美までの8kmをケチった結果わざわざマイナールートからアプローチすることになった。
網代市街地から山に入り、伊豆急の線路を越えると急に勾配がきつくなる。林道入り口までの平均勾配は約11%。柑橘系の果物が、急傾斜の畑にたわわになっていた。色彩の乏しい冬の景色に、果物の橙色が一際鮮やかに映る。
林道入り口から終点までは平均勾配約9%、特に厳しい区間もないが、展望を期待もできない地味ルート認定。