金精峠の口コミ

金精峠 群馬県

日光市内からいろは坂経由で金精峠に行ってきました。
中禅寺湖からだと、竜頭の滝、湯の湖の登りで地味に足が削られます。
金精峠の登りは湯の湖温泉街の分岐から始まりますが、最初の方が斜度はきつめ(7~10%)で後半のつづら折りのところはそれほどの斜度(5%くらい?)ではなく、激坂と呼ばれるような斜度の場所はありません。(路線バスも通る)
いろは坂は足着きなしで登れましたが、金精峠は前半の斜度きつめの場所で3回ほど心が折れて足着きました。
気温については朝7時日光市内19℃で中禅寺湖が9時前後で16℃、金精峠が10時30分頃で23℃でした。
半袖にアームカバーでちょうどよかったですが、曇りの場合は気温が下がるので、長そで若しくはウィンドブレーカーが必要と思われます。
道路もひび割れなどなくきれいで、景色もきれい、交通量も少なめです。

金精峠 群馬県

いろは坂の紅葉を見に東京から自走で。
紅葉はとっくに終わってたし金精峠1部凍結してたけど天気はとても良くて、湯ノ湖も見えるナイス景色!快適でしたー

金精峠 群馬県

沼田側から登りました。
斜度に関しては10%を超えることはほとんど無いですが、距離が長いのでペース配分に気を使います。
また、この季節だと冷えるので防寒着は必須です。
登りきり付近ではもう落葉していましたが、峠道の途中では、まだ紅葉が楽しめます。
ただ、栃木側は交通量が多いのでお気をつけて。

金精峠 群馬県

いろは坂の後に登ってみました😀
金精トンネルまで長くて斜度きつめの登りです!
景色も綺麗で脚に余裕がある人にオススメの
峠です😅

金精峠 群馬県

栃木と群馬の境目の峠。境目ゆえに辺境です。行くのはかなり面倒です。栃木側から登り金精トンネルから振り返って男体山が見えると栃木脱出な感じが味わえます。いろは坂を登って体力と時間の余裕があるなら登るみたいな感じで行くところでしょうか。もしくは日光から沼田まで駆け抜けることを前提とした行程にするか。行くならば天気の良い日が望ましいです。標高高いので曇りだと峠頂上付近は視界不良になります。群馬側からのアプローチは延々と登りが続きます。

金精峠 群馬県

いろは坂から足を伸ばしていける峠

入り口から10%付近をウロウロするような勾配
自動車通りは少ないのでわりと心に余裕を持ってヒルクライムできる!

金精峠 群馬県

秋を過ぎると非常に寒くなるが、道自体は空いているのでのんびりヒルクライムするには良い場所。ただ、補給ポイントがないので注意。

金精峠 群馬県

ダウンヒルで毎度凍死しかける峠。11月上旬に行くと雪。5月上旬に行ってもまだ雪。ヒルクラスタート地点が寒くなくとも標高2000メートルは伊達じゃない。ヒルクラ中の眺めは良く(雪がなければ)、ダウンヒルも気持ちいい峠(雪がなければ)

金精峠 群馬県

紅葉の時期に登りました!登りやすく,眺めも良かったです!

金精峠 群馬県

2000m級の峠で登り甲斐があり、冬季閉鎖解除直後は、営業中のスキー場や凍った湖や雪景色が楽しめます。