有間峠の口コミ

有間峠 埼玉県

幻の有間峠!
序盤の2kmくらいでお腹いっぱいになれます。小さな滝が見えたりしてとても雰囲気の良い峠ですが、写真を撮る余裕はありませんでした。
斜度も結構あるのでGarmin壊れたかと思うほど進まない!!

山頂の景色は最高です!
下山後は有間渓谷観光釣り場にて釣りたてのますをがぶー!

有間峠 埼玉県

【通行止め予定】令和元年9.24〜令和2年5.29

日帰りできる人里離れていそうな道はないかな、と探して行き当たった有間峠。帰りのみ秩父から輪行で大体100kmの道のりでした。

交換が億劫で45Cタイヤのまま突っ込んだらギア比的にもかなりしんどい斜度。
おまけにどこかで鋭い石を踏んだらしく、タイヤのブロックを貫通してのパンク!オフロード用のタイヤでも注意は必要ですね、、ミニポンプと格闘して何とか復帰。

有間ダムまでの道のりでカモシカに遭遇したり、秩父も一本脇道へ行くと人の気配が途絶えたりと冒険味のあるライドでした。
林道はいいぞ!₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾

有間峠 埼玉県

まずダムまでの登りで心が折れる。これはダムを眺めると無かった事に出来るので存分に休憩しましょう。補給もここが最後なのでしっかり備えましょう。
中盤までは暴力です。退避すれ違いスペースが結構あるので休憩しましょう。全部使うくらいで行きましょう。途中水に触れそうなところが三箇所くらいあったので体を冷やしましょう。そんな感じでなだめすかしながらジリジリ進みましょう。
後半いきなり優しくなります。今まで散々苦しめられてきて信じられないかもしれませんがこの優しさは信じて大丈夫です。それでも辛かったら休みましょう。傾斜がゆるいと回復効果が倍増します。
200m先工事中看板が見えたらゴール間近です。ただ、この看板があるイコール峠の柱は無いでしょう。

有間峠 埼玉県

期間限定という言葉につられて登ってきました。まずは自走で名栗湖へ。早朝のためかこの時点ではそんなに暑くなかったのですが、日が登るにつれて焼けるような感じになってきました。水分補給こまめに実施しても、熱中症の初期症状が出るので休みながら登ります。後半までは斜度10%を切ることがなく中々厳しい。排熱とのバランスを取るためペースを落として何とか峠まで登り切ります。
峠に着いたけど・・・あれ?峠の柱がない!立ち入り禁止のテープが張り巡らされているので柱は流されてしまったのか。
とりあえず写真には収めますが柱がないのでちょっと残念。
ここから秩父まで降りて行くつもりでしたが、暑さで体力を奪われていたのでそのまま来た道を降りていきます。峠付近は涼しくてかなり快適。名栗湖まで降りたら急に空気が変わり、熱波のような暑さで体が焦げそう。いや、これは危険な暑さです。そのまま帰宅となりました。
柱については、後で調べたら柵工事で一時的に撤去されているようです。ということで柱が元通りになったらまたリベンジですね。

有間峠 埼玉県

本日は名栗から有間峠へ。山に雲はかかっているも雨は降らず。(下りてから降りました)峠の視界はほぼゼロ。路面はほぼウェット、荒れているところもまだあります。

有間峠 埼玉県

埼玉県にあり比較的アクセスが容易ながらピークの標高が1,000m超え(1,149m)の有間峠に行ってきました。個人的にはこの時期の風物詩。

コースプロファイルは、距離9.3km、獲得標高738m、平均斜度7.3%。後半に入るまでがキツく、斜度10〜14%ほどが数キロ続きます。地獄。

でも、晴れたときのピークからの景色は名栗地区随一! この日は真っ白な雲に綺麗なブルーの空、風は涼しく、30分くらいぼんやりと過ごしてしまいました。道中も写真で見るといい雰囲気ですよね(当然斜度10%↑なわけですが)。

とはいえ、綺麗に舗装されており、地元の方の手で清掃もされています。ローディの姿も多く、愛を感じる峠です。まだ訪れない方は、梅雨の晴れ間にでもぜひ。

注意したいのは、登れる期間が限られていること。6月にかけて通行規制が解け、今年は9月から再度通行できなくなるとのこと。例年そんな感じなので、個人的には期間限定のプレミアム峠と認識していて、毎年登れる時期を楽しみにしてますね。

有間峠 埼玉県

前半の激坂区間がとにかく長くてキツい。最初のうちはマイナスイオンの溢れるロケーションを楽しむ余裕こそあれ、2〜3kmも登ったあたりから全身に癒しの効かない絶対的な苦痛が回ってくる。自分のペースと呼吸の維持だけを考えて1時間くらい坂と格闘した頃、激坂区間を抜けた。そこから先は時おり8%前後の傾斜はあるものの、下りも混ざり脚を休めながら消化することができた。交通規制解除されたばかりのためか、自転車、モーターバイク、四輪車共に交通量が多かった。対向車とすれ違う場合、特に下りは注意が必要。路面も悪路というほどではないが、ところどころ舗装が欠けていたり、砂の乗った箇所があった。補給箇所も麓にしかないので、準備は万全に

有間峠 埼玉県

中盤までがめっちゃしんどいです。石コロも落ちていて、ダウンヒルはもちろん登りも、気をつかいます😫

有間峠 埼玉県

他の方のブログ等でよく見る壁画?の所から自分にとってはキツい斜度で登らされました。
その後も延々と続く10%からゆるくならない登りを耐えて何とかクリア。当日は雲が多く少し残念でした。

有間峠 埼玉県

距離9.7キロ、獲得標高795m、平均斜度9.4%
サイコンの表示を見ていると延々と斜度10%以上が続きます。
かなり上った辺りから名栗湖が眼下に見えた時は感動しました。