服装・装備の口コミ

本日、ツールド下関参加!
まさかのボトル忘れ😅
ボトルの販売、しかもカードも使えて助かったー😂

「ヒルクラに《虫》というものは」
------------------------------------

山や峠を登っていると、まとわりついてくる虫が鬱陶しくありませんか?虫除けの工夫があればどうぞ。

・虫除けスプレー プシュー
・ロング丈のもの、アーム・レッグカバー、フェイスマスクを装着して肌露出面積0
・携帯式蚊取り線香をブラブラ
・刺されようが血を吸われようが気にしない。私は今山の一部…
・20度の勾配だろうが関係なし!時速30kmのスプリントで引き離す!
・虫がいるなら山なんか行きません
etc…

------------------------------------
5月もだいぶ過ぎた。令和最初の5月は、終盤になって気温30度越えの日も出始めている。
初夏は駆け足で過ぎ去って、もう夏になるのだろうか。夏のヒルクライム、また楽しからずや。だが、暑過ぎるのもいただけない。
そしてこの季節になってくると、山の緑は芽吹き、虫たちが活動を始め…。もはや秋まで、ゆるクライマー、あるいは坂屋のヒルクラに平穏の日々はない。
蚊は言うに及ばず、名も知らぬ羽虫(河川敷を走っていると口の中に飛び込んでくるやつ!)、アブ、ハチ、ブヨ、ハエ…。血を吸ってくるやつ、吸わぬやつ。涙をなめるやつ、刺すやつ。
虫と言っていいか分からないが、ヒルやミミズも。(ミミズについては、6月頃、道路に一斉に這い出してそのまま干からびているのを見ると、むしろ哀れ)
------------------------------------
うっかり虫除けスプレーを忘れて山に入った夏、汗が乾いて塩の浮いたスネに、一筋血が流れている。
「ハテナ?引っ掛けても転んでもいないのに」
思った時にはもう遅い。ブヨだ。蚊と違って、肉を千切って血を舐めるそうだ。徐々にかゆみが増してくる。出血部は真っ赤に腫れあがる。…か、カユイ!!カユカユカユカユ…。掻痒感が消失するのに数日かかった。
------------------------------------
ある時は、ビブの上から噛まれたこともあった。去年の夏の赤城山( https://www.road-quest.bike/posts/28302 )、肌の露出部には満遍なく虫除けスプレーを吹き付けていた。まさか布の上からお構いなしに噛んでくるなんて!
潰したアブから、生々しい血が流れた。ドロリ。
------------------------------------
顔にまとわりついてくるやつも厄介だ。こっちはヒルクラで手一杯なのに。登る以外のことにリソースを割きたくないのに。風景を楽しみたいのに。早く木陰に飛び込みたいのに。
豪脚連と違って、時には歩くのと同じくらい、自転車で山を「這いずり回る」自分には、吸血虫よりこっちの「メマトイ」方がタチが悪い。
虫除けスプレーのおかげか、肌に留まることはない。ただ一定の距離を保って、顔の前を右に左に、左に右に。動きは緩やかだが、叩き潰せるほど鈍くもない。イライライライラ…。
------------------------------------
最近40〜50年ほど前のサイクリング雑誌を読んだ。全巻読破したわけではないが、ヒルクライムに欠かせない(と自分は勝手に思っている)虫についての記述はない。
翻って現代にSNSやブログを検索してみても、ヒットする情報量から考えるに、サイクリストはそこまで虫を気にしていないように感じる。
走ることだけに集中していない、自分の未熟なのか…。
------------------------------------
ほぼ関東圏で少しの坂を齧っているだけだが、どの山や峠にも鬱陶しい虫がいるわけではないようだ。
日当たりの良い場所より、木陰に多い気がする。
高度は?1,500mを越えると、体感的には減少する。あまり低い位置に多いわけでもない。
生物的に考えれば、水場に近い道は「多そう」だ。そして、山に向かう道は水の流れ、沢に沿っていることが多い。つまり…おお…山に在します神様仏様…。
トンボがいる場所では餌になるので吸血虫が少ないと聞いたことがある。確かに、大弛峠( https://www.road-quest.bike/posts/5052 )に登った時は、高原地帯に入ると前方をツイッと優雅な軌道でトンボが飛び、吸血虫の影はなかった。
------------------------------------
トンボは秋のイメージ。だが、夏の短い高高度の山では、平野部が夏の盛りであっても、トンボは早くも飛んでいる。
骨組だけのようなシルエットは機能美に溢れていると思う。「飛ぶ」以外の目的は無いような無駄のなさ。直線で飛び、折れ曲がるように急角度で軌道を変え、また直線に飛ぶ。カッコいい。「ヤンマ」なんて名前も惹かれる。「オニヤンマ」「ギンヤンマ」…。
害虫を食べ、前に進んで退かない、その姿は不退転の決意の現れとして、戦国時代には武士が好んだという。
安全第一、だが自分の力と図りつつ、厳しい坂にも退かず、ヒルクライムを楽しみたい。
トンボのように。

気温差が激しい日。
装備はどうしますか??

ブルベで東京から長野まで行くのですが、
予報によると
東京は22〜11℃、長野は10〜-1℃でした....

こういう気候の場合、どのような装備で行きますか?

軽井沢グランフォンドに出る予定なのですが、5月中旬の軽井沢周辺の気温ってどんな感じでしょうか?
冬ジャージ必要ですか?
ウィンブレはもっていきますが、インナーも冬用必要か、ジャージ春夏用でよいか迷っています。
出たことがある人、周辺を走ったことがある人教えてください!

カーボンのロードをもうすぐ納車するんですが、輪行の時気をつけていることってありますか...??

ホイールバッグを持ってく・エンド金具は締め付けすぎないetc...