毛無峠の口コミ

毛無峠 群馬県

本日の毛無峠は、群馬側から雲が流れ込み、雲海というよりも、雲の滝のようでした。
毛無峠、渋峠には幾度となく来てますが、この景観は初めてで、圧倒的でした。

毛無峠 群馬県

関東で荒廃感を求める時におすすめ

毛無峠 群馬県

渋峠ほど話題にならないが、せっかくなら毛無峠行くのもオススメ。渋峠に負けないぐらいの絶景が360°パノラマで見える。群馬を代表する観光スポットと言っても過言ではない。

毛無峠 群馬県

十月の半ばに行きました。ネタとしてのグンマーだけではなく、景観の良い峠としておすすめです。峠としては、渋峠を目指す人なら立ち寄っても大して苦にならないレベルです。

毛無峠 群馬県

とても寂しい感じだ。グンマー帝国の入り口

毛無峠 群馬県

渋峠のついでに行ってきました。この峠は長野県側からしかアプローチできず、群馬県側は通行止めになっています。
最後の数百メートルがオフロードになり、ロードバイクだと空気圧パンパンで行かないとパンクする可能性大です。
それを乗り越えると、絶景とともにやけにデカい群馬県境を示す看板があります。
本当に自然の中にある峠なので耳をすますと風のヒューという音しか聞こえません。
また、たまにバイクや車もくるので注意が必要です。
毛無峠まではアップダウンの繰り返しなので比較的楽かなと思われます。

毛無峠 群馬県

雨、風が強い中行くとヤバイ雰囲気がマシマシ

毛無峠 群馬県

その名の通り草木が生えない荒涼とした大地が広がります。霧が発生しやすく、晴れ間は貴重。何度も訪れたい場所のひとつです。

毛無峠 群馬県

ボロボロに古びて「群馬県」の文字もかすれた標識、「この先危険につき立ち入り禁止」の注意書き、その先へ伸びる砂利道は山肌に消え、打ち捨てられた鉱山の鉄塔が点々と佇んでいる…群馬県を「グンマー」足らしめている風景、毛無峠。
渋峠からのアプローチ。志賀草津道路の分岐から万座プリンスまで約3kmで200m降ろされ、万座道路から毛無峠へ向かう県道112号の分岐まで7kmで200m登り返す。万座道路の分岐から毛無峠までは緩やかな下り。
世紀末感漂う風景と、前を向けば群馬の、振り返れば長野の山並みを楽しめる絶景ポイント。
すぐそばの破風山は200mほど登れば登頂できるようなので、次回行った時には登ってみたい。

毛無峠 群馬県

万座の三叉路からダウンヒルした後のプリンスホテル前の坂はアウターで進入すると踏み負けて立ちゴケの可能性もあるので要注意です。有名な標識手前は砂利道なのでパンクのリスクも!

非日常な景色がひろがるので変な写真を撮りたくなってしまうww