嶺方峠(白沢峠)の口コミ

梅雨の合間に長野方面に晴れマーク☀️
新幹線に乗って長野駅から407号線を西へ向かって行って来ました。
洞門から見えた北アルプスに感動!上の方は雲がかかってましたが、この絶景が見られて良かったです。
車通りも少なく走り易いです。

白馬側から約7km程のヒルクライム!
出社前早朝に良く登ります。
春〜夏手前まではタイミング良ければ雲海が見れます! 写真の撮り方は人それぞれです!笑

2019年5月3日、鬼無里側から登坂。一般的には激坂評価低めの登りですがなかなかキツく感じました。絶景への期待か登坂の疲れか分からない心拍状態で洞門を通り抜けると例の絶景が。圧倒的なスケールで迫る北アルプスの山容はスマホの写真では伝えきれないなー

ちょっと前ですが、ゴールデンウィークに行ってきました!

RoadQuestで他の方の素晴らしい写真を見て以来、一度は行ってみたいと思っていた場所でした!

嶺方峠からの眺め(写真1枚目)はもちろんのこと、峠を下りて少し進んだところにある松川の土手からの北アルプスの山々も圧巻です!(写真2枚目)

ちなみに、3枚目の写真は、これまた嶺方峠の近くにある野平の一本桜です。この日はあいにくの天候だったのですが、大きなレンズのカメラを持った人が何人も写真を撮りにきていました。開花のシーズンとしてはこのくらいの時期がいいみたいでした!

白馬の近くには眺めの素晴らしい木崎湖(小熊山)や栂池高原、おいしいカフェも多くあるので、ぜひ一度行かれることをお勧めします!
(AACRでも白馬を通るので、それもすごい楽しそうです!)

大望峠側から白馬に抜ける際に通りました。しばらく木々の間を走った先に現れるアルプスはなかなかグッとくるものがあります。

長野駅から。トンネルあったり一部荒れている部分もあったりしたけど交通量が少ないので気にならなかった。ガツンとのぼるところは無くてゆるゆるとあげていく感じ。チラチラ白い山が見えつつもあんまり見えないなあと思っていたら最後のトンネルでいきなり!最高でした。

登りきった景色は最高のご褒美でした!

今日は安曇野すずむし壮から、峠まで。
山頂には多くのサイクリスト。
みんなくれんだなぁ。
白馬側から、は楽しく上がれました

桜のAACR前日に行ってきました。
道中フキノトウがいっぱい生えてて天ぷら欲がふつふつと、埼玉と1ヶ月くらい季節がずれてる感じなんですかね。
今年はアルプスの残雪も多くて噂どおりの絶景を堪能できました。

白沢洞門の出口は白く輝いていた。奇跡を祈ったが無駄だった。天候は無慈悲だ。
前回( https://www.road-quest.bike/posts/6502 )はモデルルート通り、長野市から国道406号をひたすら西に進んだ。今回はそれよりもう少し南、県道31号線(大町街道)を小川村まで走り、そこから沢沿いに登る。地図では白沢洞門の約4km手前に出るはずだ。
早朝の山道は交通量もない。頭上に垂れ込めた雲に、人気が無いのも手伝って、気持ちもどんよりしてくる。
むき出しの巨大な岩壁、古びた石仏と神社、雰囲気のある道をじわじわと登っていく。
道沿いに設置された電柱と、それを繋いで伸びる電線は、山深さも極まったこの場所で、暮らしを営む人がいる証だ。不思議な感覚になる。
県道から分岐して9kmほど登ると、林道 李平線に合流した。人家を離れてさらに山の奥へと入る。勾配は少なく路面は整っているが、細かい落石が多くコース取りに神経を使った。
メジャールートの国道406号に合流して、緊張が緩む。
こんな道がまだまだあるんだろう。次はどう走ろうか?