浄土平の口コミ

浄土平 福島県

火星に来たかのような光景に圧倒される。ロングヒルクライムは満足感と達成感に満たされるからいい。またいつか登りたい!

浄土平 福島県

峠嫌いな私に当時初めて「登ってみたい」と思わせた浄土平。
天国なのか地獄なのか、、なんとも表現し難い絶景で胸がいっぱいでした🤤

浄土平 福島県

輪行で、福島駅→高湯温泉→浄土平のピストン、片道31㎞。高湯温泉には、旅館や日帰り入浴施設あり。距離的にもほぼ中間地点、補給はここで済ませました。ここから先は、自販機等一切なし。コースは、駅から最初の5㎞はフラット、次の10㎞、高湯温泉迄は登り、カーブは多くないが、無散水消雪施設が敷いてある二箇所がヤマ。高湯温泉を過ぎると、カーブの連続が10㎞。感覚的には、カーブの斜度がきつめ、直線は斜度が緩くなるイメージ。ほぼ登りきった残り5㎞は森林限界を進みます。最後のカーブを曲がると浄土平が視界に飛び込んできます。皆さん書かれている通り絶景です。

浄土平 福島県

ようやく行けた。
高湯温泉手間の無散水区間まではまあまあキツイが、温泉地を抜けてしばらく走ると火星のような雰囲気が味わえる。
浄土平に到着して吾妻小富士の登山も楽しめます。

浄土平 福島県

高湯側は工事箇所が多数あり、ノンストップは不可能です。9月24日には工事が終了するらしいので、タイムアタックは24日以降。紅葉も9月末頃から見頃に。下山は極寒なので服装注意。

浄土平 福島県

序盤は木々に覆われ眺望を望めませんが、中盤からは麓の街が見下ろせる絶景ゾーンになり、終盤にはとことどころに磐梯山や猪苗代湖が見える小さな展望駐車場が用意されています。ゴールの浄土平まで2時間半以上かかりましたが、飽きることなくゆるゆると登って行けました。ゴールの浄土平は実際に行って観ないと写真では素晴らしさが伝わらないです。

浄土平 福島県

素晴らしい景色。火山地形の珍しさだけでなく、RPGの舞台のような緑の風景や、福島盆地の真ん中にそびえる信夫山も良いものです。

距離が長く補給ポイントが少ないので、予習は大切。高湯温泉のあったか湯(観光案内所)の屋内のトイレと自販機、高原荘の自販機(ゴミ箱なし)、不動沢橋手前のトイレ、ぐらいしか道中の自販機トイレなかったと思います。浄土平レストハウスは、食堂改修中のため代わりにおにぎり販売ありましたが、遅い時間に着くと売り切れの可能性も。

斜度はコーナー外側なのに10〜15%の箇所もあり、優しくない峠でしたが、アクセスが良く景色は最高なので、天気の良い日にチャレンジおススメです。

浄土平 福島県

土湯道の駅からスタートして反時計回りに高湯温泉経由で浄土平までヒルクライム。桃の直売所あたりから約20kmほど、ずっと登りになります。高湯温泉のあったかの湯までが、結構ハード。大体6〜8%くらいの傾斜が続く中、途中から10%以上の坂になり、その後13〜15%がずっと続きます。
そこを過ぎれば、ちょっとだけ傾斜が緩くなります。浄土平に近くなると傾斜が再びキツくなりますが、周囲の景色が一変して、硫黄の香りに包まれた温泉地独特の世界観が広がります。まさに絶景。坂馬鹿なら一度は登るべし^_^

浄土平 福島県

w/サークルのOB達。
猪苗代側から40kmほどのアプローチ。
途中、補給全くないのでご注意を。頂上も補給ほぼゼロです。
基本的に5%の登りが続く感じで、1622mまで駆け上がる。ご想像の通り、普通にしんどい。

いやね、思うんですよ。〜スカイラインとかの絶景聖地って、絶景のご褒美につられて道中の辛さを考慮しないじゃないですか。この峠はまさにその典型。

ただ、それでいい。コストなんて考え始めたら、どこも行けないですもの。
しんどさは置いておいて、行きたいところに行くのが一番だな、そう感じさせられたライドでした。

p.s.新車なので褒めてください。カーボンホイールのダウンヒル怖いよ....

浄土平 福島県

長いです😓💦10%超えが連発します。7~8%でホッとします。でも頂上付近のあの雰囲気、景色は最高です😆👌おすすめ〰️