ワインディングの口コミ

ヤビツ峠 神奈川県

関東のタイムアタックの聖地。
私自身も一年に何度も登る峠です。
傾斜の変化に富みただひたすら厳しい峠とは違いタイムを伸ばすのは意外に難しい。
脚力と戦略を試すことが出来る素晴らしい峠。
但し、交通量も多くまたランナーやハイカーも居るので注意が必要です。

都民の森 東京都

最初の方に多少のアップダウンはあるものの、長い距離を登り続けられるトレーニング向きな峠。
最後の方で斜度が上がり辛くなるがそれもトレーニングに向いている一つの要因でもある。

大台ヶ原 奈良県

大台ヶ原ヒルクライムに参戦して来ました!
最初の平坦区間約10キロ🚴‍♂️
前半はほぼ平坦で道の狭いところあるものの走りやすかったです。後半は激坂までは行かないもののあれ?激坂区間入った?と思うややキツイ登りにまず精神的にやられました😵
そして激坂区間はほぼ前半はきつい登りにどこまで続くのかと思える長さに耐えに耐える必要あると思います💦後半の下りは慣れるとブレーキング無しで走り切る事が出来るらしいです。タイムアタックにはキモなところでもあるかもですね!
ラストゴールまでの区間はアップダウンがあり最後の力を振り絞って頑張るのみです笑
めちゃくちゃしんどかったですが終われば楽しいヒルクライムレースでした(°▽°)

称名滝 富山県

多分富山で真っ先に思い浮かぶヒルクライムポイント。
立山駅スタートだとちょっと物足りない距離になるので、立山あるぺん村からスタートする人が多い気がします。
常願寺川の東側と西側どちらからでも立山駅まで行けますが、西側の県道43号線を選択すると結構なアップダウンがあるものの交通量少なめのコースを立山駅まで気持ちよく走れます。
東側の県道6号線は道路の舗装は良いんですが交通量が多目なのでちょっと怖い時があります。
立山駅では湧き水で補給できるポイントがあるのが嬉しい。
食事処も結構駅周辺にあります。

立山駅を過ぎたら本番、称名滝まで延々と上ります。
後半まではそこそこキツイかな?でも意外と行けるな?そんな感じで登れるんですが、対岸に悪城の壁と呼ばれる断崖を見て少し後に一番キツイ区間が待ってます。
ゴールの売店が完全に頂上ゴール。
売店向かいではものすごい勢いで湧き水出てるので(頭から被れる勢いでドバドバ出てる)ここでも給水できます。
下りは物凄くスピード出るので気をつけて下りましょう。(意外と跳ねるギャップがちょこちょこあります)

県道6号線側から戻るとあるぺん村手前に立山サンダーバードという謎のコンビニがあります。
カオスなサンドイッチのラインナップが楽しめるので土産話のネタに寄ってみるのも良いかもしれません。

浄土平 福島県

序盤は木々に覆われ眺望を望めませんが、中盤からは麓の街が見下ろせる絶景ゾーンになり、終盤にはとことどころに磐梯山や猪苗代湖が見える小さな展望駐車場が用意されています。ゴールの浄土平まで2時間半以上かかりましたが、飽きることなくゆるゆると登って行けました。ゴールの浄土平は実際に行って観ないと写真では素晴らしさが伝わらないです。

御嶽山 長野県

乗鞍に登った際に知り合った人に紹介されて登ってきました。
まず1日目は木曽福島駅まで輪行。道中窓の景色を見ていると奈良井駅までは奈良井川を遡上する感じで進んでいたのにトンネルを抜けると木曽川を下る感じに変わっていて飽きないです。併走する国道19号線は2日目に通るので目視で道路状況を確認。路肩狭いところが多そうだなあ。
木曽福島駅で組み立てが終わる頃には小雨が降っていて少々肌寒い。
まずは御岳湖まで目指します。ゆったりとした勾配でウォーミングアップにはちょうど良いです。三岳黒沢の三叉路を左に入り、左側に御岳湖の湖畔を眺めながら進んでいきます。
王滝村の中心部を越えたらいよいよ登り開始です。平均勾配は低めとは聞いていたけど実際は7〜10%の坂が断続的に続きます。息が切れてきたタイミングで緩い坂が現れるので親切設計、足を止めることなく登ることが出来る良い道だなと。
小雨だった天気も、おんたけ2240スキー場から晴れてきます。更に視界が開けて遠くにそびえる木曽山脈を眺めがら楽しめました。
程なくして道路の終点である田の原に到着。それなりに長く、そこそこ大変だった気がするけど登ってみればあっという間。
この日は日曜日にもかかわらず閑散としているのが気になります。
峠付近は風が強く、肌寒いので長居はせず下っていきますが、羽織っても寒い!夏とは思えない。
腹が減ったので途中、百楽庵に寄ります。最初に出てきたトウモロコシの甘さに驚く。おんたけ御膳はメインの蕎麦のうまさも然る事ながら、蒟蒻、味噌をつけたご飯もうまい!
やっぱり長野の飯はうまいなと。
後で聞いた話によると、御嶽山の修行は8月上旬くらいで終わってしまうので今の時期は空いているとのことでした。
補給については木曽福島駅から先は自販機が所々にある程度なので事前に購入しておいたほうが良いです。田の原にも自販機はあります。

母成峠 福島県

郡山市内から猪苗代湖を目指すと、選択肢に出てくるのが、普通に国道49号線を行くルートと、この母成峠を登るルート。
国道を行くルートは確かに近いけど車通りも多いので、多少回り道をしてこちらから登るのもおススメです。
かつて料金所があった母成グリーンラインの始点前の郡山石筵ふれあい牧場までも意外とダラダラと登りが続きます。正直道の舗装はそれほど良くはないため猪苗代からまた裏磐梯を登る予定の方は足を使いすぎないように笑。
一度登り切ると少し下りがあって中ノ沢温泉へ。
温泉街を走っていると見えてくる文字が。

天ぷらまんじゅう。

日乃出屋さんというお店で、気になって食べてみるとこれが美味しい!
他にも美味しい食べ物があるので、ここからまだ登る人も、猪苗代湖まで行って平地を走る人も一度寄って補給はおススメです!
ちなみに私のオススメはここからさらに裏磐梯へ登る方笑。登るルートは色々選べるので登り放題ですよ笑!さて、登りますか!

富士山 静岡県

御殿場からの富士山スカイラインに登りました
斜度もきつくなく気温も最適でとても登りやすかったです
やはり標高がたかいので気温が20度を下回っていました

金井側から登りました。斜度がかなり急で、かつ路面も亀甲柄とドーナツ模様なので、結構しんどかったです。金井側に降る人は気をつけて。
景色は写真の通り絶景。私が行ったときは、両津湾の方しか見えませんでしたが、天気が良ければ真野湾、そして新潟の方まで見えるそうです。
佐渡金山も近いので、足を伸ばすのも良いかと思います。

浄土平 福島県

素晴らしい景色。火山地形の珍しさだけでなく、RPGの舞台のような緑の風景や、福島盆地の真ん中にそびえる信夫山も良いものです。

距離が長く補給ポイントが少ないので、予習は大切。高湯温泉のあったか湯(観光案内所)の屋内のトイレと自販機、高原荘の自販機(ゴミ箱なし)、不動沢橋手前のトイレ、ぐらいしか道中の自販機トイレなかったと思います。浄土平レストハウスは、食堂改修中のため代わりにおにぎり販売ありましたが、遅い時間に着くと売り切れの可能性も。

斜度はコーナー外側なのに10〜15%の箇所もあり、優しくない峠でしたが、アクセスが良く景色は最高なので、天気の良い日にチャレンジおススメです。