ワインディングの口コミ

20時間前
三石山林道 山梨県

富士川を駿河湾まで降るライドの時、左手の天使山地の中腹に気が伐採されて見晴らしの良さそうな区間が。
そこに走る一本の道を見つけて、webで情報を漁ってもこれといってヒットしない。いざ走ろうと思って標識を確認したら、「町営 三石山林道」とある。なるほど、道理で山梨県の「県営林道」のサイトに載っていないわけだ。
コースプロファイルとしては、
360m→720m→530m→640m→470m→770m→530m→620m→430m→800m→300m
と名も無きピークを6つ越えていく。一つ一つの登りは大したことないが、積み重なるとかなりタフに感じる。
山腹を貫くワインディングロード、見下ろせば富士川の流れと、それに寄り添って築かれた身延の街並みが小さく見える。
人の気配はほぼなく、この空間を独り占めしている、という満足感が高い道。

補給ポイントは皆無、エスケープルートも4本程度しかないので、水分や補給食は十分に準備しておく必要がある。

桂木観音 埼玉県

久しぶりに桂木観音展望台まで登ってきました。
このコースは最大勾配20%でほぼ登り続けるコースだけど路面状況が良いし、道幅もあり車もほとんど来ないし、静かで展望台からの絶景が素晴らしいので好きなコースです。
今日は雨上がりで澄んだ大気のおかげで遠くのスカイツリーまではっきり見えました。

秋吉台 山口県

「先週まで快晴予報だったのに....」

現実は残酷だ。雨です。
はるばる東京から来たのに。

私の脳内編集では雨雲と霧を消し去ることができなかったので、快晴のリベンジを誓いました。

野焼きのある2月にリベンジします。

写真はエモくなるはずだったワインディングロード(全部同じに見える)

高野山 和歌山県

距離は長いですが、森林の中を通るとこもあり大自然を満喫できます。 登ったとこは全てが世界遺産。 お寺めぐり楽しいですよ(^^)
登りは370号線使いましたが、土日は車、観光バス多いです。下りは371号線を使いました。371号線は道が狭く路面荒れてますが車はたまにしか走ってません。371号線を使って登るのもありかもですね! また行きたいです!

平尾台 福岡県

まだ、新緑の濃い6月に登りました。平尾台に抜けるまでの登坂は、木々が繁っていた為、日陰も多く気持ちよく登れたました😊。頂上を抜けると視界が開け、ゴツゴツした石灰岩が見え、疲れが吹き飛びました。草木も繁っていたのかあまり、上手く撮れなかったのが反省点😓。途中に、千仏鍾乳洞という鍾乳洞がありました。サドルバックに柔らかいトレッキング用のシューズを入れておけば良かったかなっとちょっと後悔。行橋市側から登り石原町側へ抜けましたが、急なカーブも多く、ダウンヒルには注意が必要かと思います。
近くに鱒淵貯水池もあります。1周10.3キロのサイクリングロードが完備されていて、ランニングする方などもいらっしゃいました👍。ダムの奥の赤い橋に行かれてみて下さい。今回は、木々の伐採で通行止めだったのが悔やまれます😓。平尾台とセットでサイクルコースに組むと楽しみ倍増かもしれませんね😄🐈

笠山荒神社 奈良県

県道50号。徐々に勾配が、キツくなる。
屈折3回目で、やっと頂上へ。絶景ポイントはないが、登りきった達成感が半端ない。

法隆寺 奈良県

距離は短いが、激坂区間が三ヶ所。
ペース配分に注意

女寄峠 奈良県

交通量の多い峠
登坂車線入るまで道幅狭いので注意

顔振峠 埼玉県

鎌北湖からスタートする奥武蔵グリーンラインのコースルート上にある峠。それ故に顔振峠へのアプローチには様々な難易度のルートが存在するので楽しいです。
例えば高山不動尊→奥武蔵GL→顔振峠ルートや八徳の一本桜→奥武蔵GL→顔振峠など。
最もポピュラーな鎌北湖ルートは鎌北湖を出るとすぐに林道の急勾配が始まりその後は顔振峠まで長距離アップダウンの連続になり途中には天文岩という巨大な岩の見所があり飽きないです。
顔振峠は天気の良い澄んだ大気の日は富士山まで見えるほどの絶景が見渡せます。
トレランやハイキングでも人気の奥武蔵グリーンラインの休憩地点として晴れた休日には人が多いです。

時坂峠 東京都

風張林道をクリア後におかわりで登ってみました。
急勾配ですが絶景区間が多くありクルマの通行もほとんど無く道幅もあるので登りやすい峠、林道でした。
ゴール付近の峠の茶屋(営業中?)の近くでは湧き水がありました。
ガードレール無し区間が多いので絶景のよそ見に注意です。