宿の口コミ

雲ひとつない絶好の日に休み休み登って来ました。
印象的には閑散とした時には登りやすいけど、
ハイシーズンは車が多いので気を遣うかも。
そして、登って登って登っての印象ですね。

ボーナスステージのおかげでもう少し、もう少しと思いながら登りました。

ボルシチスープ食べれなかったのが残念です…

車坂峠 長野県

嬬恋村側から上った
道中8kmくらいグラベルがあった
斜度は緩やか
高峰高原から小諸市を眺める景色は美しい
黒斑山も綺麗に見える

赤城山 群馬県

上毛三山の一つ、赤城山。
いくつかのヒルクライムルートがありますが、赤城ヒルクライムのコースは前橋の中心街からまっすぐ伸びる県道4号線です。
前半はど真っ直ぐの坂が続き、中盤から斜度が上がったうねり坂に変化、姫百合駐車場を超えると九十九折りとなります。
全体的に斜度の変化は少なく、安定して8%程度。ピンポイントにきつい坂はないですが、とにかく長いです(・・;)
峠を越えると大沼まで下りとなります。大沼のほとりには赤城神社。周辺には黒檜山をはじめ登りがいのある山々もあります。個人的には眺望の良い地蔵岳がオススメですね。ヤマノススメで登ったのも地蔵岳ですね。

秋山郷 長野県

津南駅からスタートしてすぐの国道117を越えたら、もうその先に信号はありません。国道405はゴールまで登り基調のアップダウンを繰り返しながらいくつもの集落を抜けて行きます。秘境の奥地へと進んで行く雰囲気はたっぷりなんですが、いくつかの集落には自販機、公衆トイレがあり助かります。時折見える鳥甲山と苗場山の眺望が素晴らしく、楽しく最奥の切明温泉まで到着します。

先ずルートラボにあるスタート地点より約1km手前から急坂は始まります。この坂で頑張りすぎた小生はスタート地点でもうヘロヘロ。。
その直後やや下った先に短距離ながらも最大勾配が早くも登場。その後は頂上まで10〜15%の坂と緩い勾配区間を繰り返します。
貧脚にはキツイです。。道間違えたのと途中で心折れたので2回止まってしまいましたが、いつかリベンジしたいですね。
非常にトレーニングになる山です。

高見山 広島県

南側から登ると、なかなかの激坂です。
因島方面の眺めはかなり良いです。しまなみ海道が見渡せます。
途中にはゲストハウスがあり、そこでは食事も可能です。
桜の季節もおすすめ。

九州旅行のメインの一つとして国分から霧島神宮経由で登りました。
町中からスタートして最初は割とゆるい斜度で登っていき大体1時間位ふと見覚えのある文字が目に入る「明るい農村」あの明るい農村の酒蔵があった。思わずテンションが上がり見学をしてお土産まで買ってしまった。
その後霧島神宮を参拝し道の駅の辺りで絶景を拝み霧島温泉に到着本格的な上りが始まった。ここから急に斜度が上がりえびの高原まで補給はほぼなかった。
坂に苦戦しつつもなんとか大浪池も観光しえびの高原までたどり着いた。
天気が良かったのもあるが見どころが多くとても楽しい峠だった。

本当に最高に景色とルートでした!国道最高地点という贅沢も味わえる。

柳沢峠 山梨県

去年に続き、ヒルクライム
奥多摩駅からスタートした場合、約40km獲得標高約1100m
奥多摩ダム付近にあるindigo blueというカフェは雰囲気最高なので立ち寄るべきです。
また、柳沢峠道中にある、はまやらわ、では言わずもがな絶品わらび餅が堪能出来ます。
峠の茶屋の和風ソフトも美味しいので、本格的なヒルクライムとグルメ巡り?をしたい方にはオススメ

ただ、コンビニ等といった補給出来る場所は少なめなので、そこには注意したいところです。

景色が良くないと言われますが、晴れた日には富士山が綺麗に見えるので疲れが吹き飛びます。更に、甲府側に下る際には甲府盆地を見ながらのダウンヒルが出来るので、一度は行ってもらいたい峠です。

絶景の暴力を振るわれに行ってきた。

初飛行機輪行の目的地として選んだのがRoadQuestでも口コミされまくってる西伊豆スカイライン

峠というのはやっぱり実際に行ってみないとわからないものだ
というのも
【向かい風&アップダウンの応酬!!】
超超超ツラいやんけ。。。

そんな思いで走り続けると空の面積が段々広がってきた
先を行っていた友人がカーブで足をついている

カメラを背負っていれば必ずやペダルを止める景色だと思った

そういう場所が至るところにある西伊豆

皆さんも是非襲いかかる絶景の前にひれ伏してほしいですm(._.)m

次は2泊3日で挑んでやろうと思います✋