ジェラート・アイスの口コミ

蔵王 宮城県

蔵王。
自宅からもそれほど遠くないが今までなかなか行かなかった峠。ロードクエストの分類は宮城県ですが宮城・山形の両方から登ることができます。
今回は月末にあるヒルクライムレースに出るため山形側からの試走で訪れました!
が、あいにくの天気笑。しかし、ギリギリ雨は降らなそうなので登ります!
山形県の上山市内から登り始めましたが距離は約30キロ、勾配はそれほどきつくはなく、私みたいにダラダラとずっと登っていたい登り好きにはオススメです笑。
ずっと登っていられるのは、幸せですね(一緒に行った坂嫌いの妻には長すぎたようですが笑。)。
登り切ると絶景が、、、天気が悪く見れなかったのでまたチャレンジします!
蔵王エコーラインから、さらに登る蔵王ハイラインは自動車専用のため自転車、徒歩では通れませんのでご注意を!登山道もありますがクリート付きの靴では厳しいので頂上で絶景希望の方は歩ける靴などの持参をオススメします!
登り切ったので下り始めると思ったより中腹より上の勾配がきつくスピードがのるような?もしかして前半より後半の方が若干勾配があるの、、、かな?
登ってると少しの差はまひしますからね☆

登り始めてすぐに見つけたソフトクリーム、降ってきたら寒くてどうしようか悩んだけど、、、食べました、少し震えながら笑、でも美味しかったです!

山の下には山形の特産品売り場などもあり暖かい玉こんにゃくなどが楽しめます!

ぜひ、みなさんも一度山形側から蔵王にチャレンジしてください!私も天気のいい日にもう一度登ります!

葡萄坂 大阪府

朝に2時間だけのみ時間があったので、葡萄坂をのぼってきました( ̄∀ ̄)

家出た時は涼しかったんで、気持ちよく登れるかと思ったんですが、湿度が…

がんばってのぼってーのどか村を経て、フラワーロードのアップダウンをがんばってー

裏十三峠をまた、がんばりますd( ̄  ̄)

十三峠の下りでたくさんの人がのぼって来られている中(知り合いも混じる笑)をスイーっと下って帰りました!

十三峠はみなさん辛そー(>_<)

帰って、片付けしてちょうど2時間ぐらいでした(゚ω゚)

柳沢峠 山梨県

今回は奥多摩湖までで、行きたかったCafeIndigoBlueに行ってきました!
奥多摩湖までのルートでグルメ評価が爆上がりになりました。

友人たちに「奥多摩が見下ろせるカフェがあるので行きましょう!」と誘うと、「見下ろせる…と言うことは…?」と言われましたが、そうです。カフェの前には激坂区間が。短いけど10%超えの登りごたえのある道を進むと、立派な蔵つきの古民家が現れます。
お店の前には展望スポットも設けられていて、本当に奥多摩湖が見下ろせる!
縁側寄りの席を案内してもらい、景色を見ながら美味しいご飯をいただきました。
暑いこの時期には、冷やしうどんがおすすめ。たっぷりの薬味と、奥多摩のわさびが効いてさっぱり美味しいです。麺もモチモチ。
そして逃してはならないのが数量限定の奥多摩プリン。
最初は何もかけずプリンとジェラートで。このままでも十分美味しい✨
お次は黒蜜をかけて。甘さとコクがプラスされてさらに美味しい✨
最後は温玉。
「何もかけないほうが美味しい時もあるよね〜」などと冗談を交わしながら温玉を崩して一口、美味しい〜!!

奥多摩まできてこのプリンを食べない選択肢は今後無いな。

この日は暑すぎたのでもう一件立ち寄ってシロクマアイスを頂きました。
お庭にはハンモックもあってまったりできますよー!

十三峠 大阪府

登りは勾配がきついので、慣れが必要です。
頂上は駐車場とトイレがありますが、自販機等は無いのでドリンク切れにも注意。
頂上の景色は大阪湾〜六甲山まで見渡せるほどの絶景が広がります。
下りも路面が荒れており、道幅が狭いのと交通量もあるので注意が必要です。

麓にはジェラート屋さんや、少々高めのサイクルカフェのフランシージェファーズカフェがあるので、仲間と話をしたりするのもいいですね!

道志みち 山梨県

序盤は比較的穏やかな斜度でこれなら登りきれるかも…と思わせる。
しかし何度かアップダウンを繰り返し地味に続く登りにじわじわ削られていく自分の貧脚…
颯爽と自分をブチ抜いて行くクライマーの背中を羨望の眼差しで見つめつつ、何度も攣りそうになる脚を宥め賺しつつ辿り着いた道の駅は正にオアシスでした。
振り返ると迫り来る雷雲に追い立てられ何とか山伏峠まで来れたのは良かったものの、天候の変化を甘く見ていたのは反省です。

大笹牧場 栃木県

ツールド日光の試走で登りました。
勾配が一定で走りやすい道でした。
牧場のソフトクリームはオススメです。

赤城山 群馬県

久しぶりに休日雲予報😆
どこに行こうか悩んだが
赤城のソフトクリーム食べにGo🚴‍♀️
個人的だが何回食べても美味しい😍

今回は美ヶ原を歩く時間を確保するため上諏訪からスタート。途中広い直線の道にそのまま入っていくといきなり10%、約4kmで350mほど登っていきます。うん、結構きつい。
そこから先はゆるゆると霧ヶ峰まで。時々晴れ間が出たりして天候が目まぐるしく変わるので晴れたタイミングで何とか収めます。美ヶ原に向かう途中なぜかキノコ汁の看板が出てくるので、試しに三峰茶屋で食べてみると意外にも美味しい。猪饅もいただきます。
店主さんのお話では「8月にならないと霧が晴れなくて遠くまで見渡せないんですよ。かといって8月は観光シーズンで夏でも涼しいので結構混んでしまう」とのこと。
ビーナスライン落合までは適度なアップダウンですが、ここから美ヶ原まではまた10%超えの登りとなります。改めてきつい。
何とか登りきると一面青々した草原と牛に出会えました。高原なので夏でも寒いくらいです。
途中の補給場所は白樺湖、車山高原、霧ヶ峰、八島湿原、和田峠、三峰茶屋と適度な距離にあるので夏でも干乾びることはなさそうです。

高野山 和歌山県

初めて登りました。(東渋田から登るルート)
ルートラボで見て分かる通り、上りがダラダラ続き、思ったより時間がかかりました。
ただ、登った時の達成感は素晴らしいものがありました。

赤城山 群馬県

斜度がきつくなく登りやすいのですか、どこで力を入れてればいいかわからなかった。