富士山の口コミ

道志みち 山梨県

序盤は比較的穏やかな斜度でこれなら登りきれるかも…と思わせる。
しかし何度かアップダウンを繰り返し地味に続く登りにじわじわ削られていく自分の貧脚…
颯爽と自分をブチ抜いて行くクライマーの背中を羨望の眼差しで見つめつつ、何度も攣りそうになる脚を宥め賺しつつ辿り着いた道の駅は正にオアシスでした。
振り返ると迫り来る雷雲に追い立てられ何とか山伏峠まで来れたのは良かったものの、天候の変化を甘く見ていたのは反省です。

富士山 静岡県

日本の霊峰富士山。3コースあるうち、先ずは一番標高の高い富士宮ルートヒルクライム敢行。

連日の猛暑で、始発で輪行し御殿場駅8時スタート。約33キロずっと登坂でした。ただし時折10%斜度はあるものの、7%前後が続くイヤらしいコースかと。

水が塚公園までの18キロは汗だくになります。旧料金所標高1400メートルからが本番。ただし、標高が高いからかカラッとしていて汗をかかない。

じっくり登っていけば、さほど難しいコースではないと思われる。この時期としては5合目付近は寒くはありませんが、ダウンヒルの際はアームカバーは必須です。

昼頃に到着し14時過ぎには御殿場駅に戻ってきたが、とてつもない暑さなので、この時期は早朝ヒルクライムをお勧めします。

あとは、富士山は標高が高いので日焼け対策も必須かと。私、身体中至るところ真っ赤になってしまいました。

この日は、ギリギリ天気が持ちそうな日でした。
雲海に浮かぶ富士山や天城山などを見ながら登りました。神秘的な風景でした。
車も少なく路面も良いコースです。グルメは136号の船原周辺に何件かある蕎麦屋です。蕎麦はもちろん、つゆとワサビが美味しかったです。
修善寺側から登りましたが、前座的な達磨レストハウスまでの傾斜が強度高めでした。
また、晴れの日に登りたいです。

富士山 静岡県

STRAVA : Fuji Azami HC Course : 11km 1117m 10.1%
Category H : PB1:12:52

噂以上の激坂でした。最初のストレート区間が緩斜面に見えるので、調子に乗って登るとあっという間に脚が売り切れた😭。その後少し緩やかにはなるものの、馬返しからの激坂区間は只々苦行😱。残り3kmからは雨も降り出して完全に拷問🥺。
なんとか登頂しましたが、とても人に言えるタイムでは無かった。でも達成感は十分で、また挑戦します。
今回はカーボンホイールでの雨天の下山は怖かったので、友人にアルミホイールを借りて登りました。皆さんも下山は気を付けて下さいね。

籠坂峠 山梨県

ふじいちの途中で通過しました!通過中だったので前後の峠等も含めてしんど〜と思っていたのかもしれませんが、しんどかったです笑
というか、まだ九十九折りが終わらんか!ながー!と思ってました笑
晴れだったら超絶景だったのかな…
結構な高度があると思いますが、あいにくの曇りでなーんにも見えませんでした!笑

富士山 静岡県

スバルラインに登りました
1合目手前にて除草作業で片側交互通行
4合目付近で2箇所工事の為片側交互通行でした
4合目の工事は2つめ(5合目側)の方はかなり長めでした

家から自走(60km程獲得1100m)の後に登りましたが、20km以上登り続けるのはしんどいですね
濃霧でした

富士山 静岡県

エベレスター4人…HELLS500ジャージにて…富士あざみラインへ
雨&霧…視界が遮られたため…1登頂で終了…
8登頂したかったな…

柳沢峠 山梨県

奥多摩より今川峠に立ち寄ってから変則アタック。道の駅『たばやま』では鹿肉バーガーで栄養つけていよいよスタート。途中、峠茶屋の手前にある『はまやらわ』で生わらび餅に舌鼓。看板猫のトラも人懐こくて可愛い。峠のトップは石碑1本のみですが、茶屋の東屋からは富士山も一望できる素敵なスポット。これは人気なのも頷ける魅力満載の峠でした。

道志みち 山梨県

前半はかなり緩く登りやすかったのですが、中盤以降は「何が平均勾配2%だ...平均詐欺じゃないか...」となりながらペダルを回してました。
距離が長く、中盤から斜度が上がるのでペース配分が大切かと思います。

道志みちを越え山中湖へ行ったのですが、曇っていて富士山は拝めませんでした...

富士山 静岡県

富士ヒルクライムでは雨で出走しなかったためリベンジでパン買いに登ってきました。料金所にバスの列ができていたので一通りやり過ごしてから通行料を支払います。
序盤から3合目あたりまでちょっと辛く感じますが、淡々と回せるので進めることはできます。3合目を過ぎたあたりから濃い霧に包まれて先が見えない中を進むことになります。そこに大型のバスが通るのでかなり怖いです。
4合目から先は平坦になってくるので快適に回せるなあと思っていたら、最後のバス駐車場あたりが良い感じの坂になっておりました。そこを越えてしまえばゴールです。
サイクルスタンドがないので柵に立てかけていると後ろから登ってきたサイクリストさんと記念撮影。
「なんだかトータルではそんなに辛くなかったような。」というのが一同一致した意見でした。確かに走りやすいんですよね。
パンも買えたしリベンジできたので良かった!