©shino

冒険の思い出を
シェアしよう!

みんなで作る
ヒルクライム攻略ノート
大賞者に東北エリアの銘酒プレゼント「東北エリア」峠語り投稿コンテスト
オリジナルグッズ販売中
和田峠 東京都

横浜の自宅より、往路は町田街道▶︎高尾駅▶︎高尾街道▶︎美山通り▶︎陣馬街道。陣馬街道に入ると自動車の往来が少なく川沿いを気持ち良く走る事が出来る。本格的な峠が始まるのは分岐点3.5キロから。斜度10%が断続的に続き時折18%の箇所もある。車・オートバイの往来が激しいので気をつけたし。峠の茶屋が見えると頂上ゴール。茶屋で甘酒200円の味が染みわたる旨さ。下りは藤野側へ。頂上より1キロ程下った所にベンチがあり、そこから富士山が見える。快晴でクッキリ見えた。汗冷えしていたので暫しの間日向ぼっこ。藤野駅までのダウンヒルも牧歌的な風景が続き良い気分になる。最高気温も17℃と申し分ないコンディションで楽しめました♪

岩崎御嶽社 愛知県

家に近すぎず遠すぎず、どこかにいく途中なので、いつも素通りしていたが、寄ってみると予想以上の勾配。なめてかかると後半タレまくり。

暗峠 大阪府

ロードバイクを初め1年5ヶ月経った頃初めて、挑んだ暗峠。
何度も足をつきなんとか頂上まで辿り着きました。
そして時は経ち、1年と9ヵ月…暗峠リベンジしてきました。
この1年9ヵ月色々な峠に行ってきましたが、やはり別格。
普段のヒルクライムが、ハイキングだとすると、ここはまるでロッククライミング。
もう、すんごいのです。

詳しくはブログに記しましたので、読んで頂けると嬉しいです。
https://peasandcarrots.hatenablog.com/entry/2021/02/19/052705

長坂峠 京都府

距離はさほど長くないですが、終始10%超えのそこそこパンチの効いた峠です。
最大勾配は20%前半くらいですが、それが後半に襲ってくるので前半は無理をせず。
ダンプや一般車もガシガシ通ります。
道も結構酷道で、落石や枝木などがあり、
それとの戦いもしばしば…
以前はフラペでチャレンジし、足付きをしていたので、今回はビンディングでリベンジしましたが、無事足付き無しで登頂!
山頂は特に眺望が良いわけでもなく、ひっそりと満足感に浸ってください。

栗尾峠 京都府

歩行者、自転車専用道路ですが…
工事のダンプカーは走ってます。

四王寺山 福岡県

大野城市の大城林道から登り、太宰府側へ下るのが私のお決まりルートです。
大城林道は車通りも少なく、斜度もそこまで無いので登りやすいコースだと思います。
ただ、走り屋対策のカマボコが結構な数設置されてますのでリズムは崩されがちです。
焼米ヶ原から太宰府側へ下りますが、こちらも減速帯がかなりの距離敷かれていて正直楽しくないです。道も綺麗ではありません。
宇美側への下りは減速帯も無く、道も比較的綺麗なので楽しいかもしれません。
太宰府側へ降りるとすぐに天満宮があるのでそこの参道で梅が枝餅なんか頂いて帰ると充実度が上がりオススメです。

和泉葛城山 大阪府

初犬鳴です。
Google先生に騙されて登山道へ💦💦
途中まで自転車を担ぎました。
バス停からすぐのところ入っちゃダメです🙅‍♂️

コース自体は基本、アスファルト、
一部コンクリートで傾斜はなかなかしんどい。
でも、道が荒れてる感じではないので
写真撮るのに足つきしましたが、休憩しながらなら登れそうなコース。
途中、トンネルとか15%超の看板とか楽しい感じです。
スタート地点が温泉♨️なので帰りに日帰り温泉とかもありですな

紀見峠 和歌山県

以前に和歌山側から登った事があったので今回は初めて大阪側から。
全体的に傾斜のきついところはなく初心者向けだと思います。
河内長野方面から南河内グリーンロードを使って南下、近くまでいけます。
国道371号と平行して伸びていて道幅は広くないけど基本車の来ない道なので安心でした。
脇道特有のやたらアップダウンするみたいなのもなく快適。桜の時期だと桜のトンネルになってそうなポイントもいくつかあり、季節を変えてまた通りたいなと思いました😆

蔵王峠 大阪府

この間、大阪側から登って大阪側に戻ったので今回は和歌山側から登って大阪側に降るルートで
大阪側のドーナツ🍩🍩落ち葉まみれ道みたいなのを予想して挑みましたが予想は大外れ、舗装もされてて走りやすかったです。大阪側とは別の道ですね。
和歌山側は道幅も広目で農道というイメージ。
傾斜もちょっとキツいところもあったけど、全然大丈夫なレベル。
開けたところは景色もよくて、気持ちよく走れました。
大阪側に入るとこんだけ晴れてるのに道がウェット、脇から水が出て轍が水浸しって腐道っぷりをいかんなく発揮😅ちょっと怖かったですが、2回目なので不安も少なく無事くだれました。

ライド帰りに噂の坂を登りに。ゆっくり登ってもすぐに終わる坂ですが、景色が素晴らしく楽しめました。